28歳で2回目の転職。これは今までのキャリアを生かしたキャリアアップとしての転職なのか、もしくは未経験職種への挑戦なのかによって大きく意味合いが変わってきます。

特にあなたが今までのキャリアを活かさず未経験職種への転職を考えているなら非常にやばいと思ってください。

ただし2回目の転職を全面的に否定するものではありません。

28歳にして2回目の転職をする場合には、それなりの覚悟かもしくは条件が必要です。

28歳で2回目の転職する人に対する採用担当者のイメージ

28歳といえば、大学を卒業してから6年。新卒から数えて社会人は6年目です。

昔に比べれば転職は珍しくはありません。終身雇用も崩壊しているし、1つの会社に生涯勤め続ける人は少なくなっています。

しかし20代で2回目の転職となれば話が違います。たったの6年で2回目の転職。これは採用担当者にとって「1つの仕事が長く続かない人」というイメージを与えます。

ほとんどの採用担当者は自社で長く働き続けてくれる人を採用したいと考えています。ということは「1つの仕事が長く続かない人」はできるだけ避けたい。

ですから職歴に魅力がある人でなければ書類選考で除外されてしまうでしょうし、面接においても長く働き続けられるかどうかを必ず聞かれ、すぐに辞めるイメージを払拭できなければ、採用されません。

このように20代で2回目の転職は、最初からマイナスイメージを持たれていると自覚しておきましょう。

28歳で2回目の転職が未経験への挑戦だとやばい

28歳で転職が2回目。これだけでもヤバイのですが、さらにやばいのが未経験職種に転職する場合です。

もともと未経験での転職はデメリットが多い。

  • 給料が下がる
  • 非正規雇用

などのデメリットがあります。さらに人気職種の場合は未経験での転職の門はかなり狭い。しかも28歳ならなおさらです。

世間的に未経験でも歓迎されるのは25歳まで。ある程度年齢を重ねると、採用担当者からすれば変なプライドなどが新しい仕事を覚える上で邪魔になると思われる。

その結果なかなかいい転職先が見つからない転職者がとても多いのです。

28歳で2回目の転職を成功させる条件

28歳で2回目の転職はおすすめしません。

しかしどうしても今の会社が合わないなど、どうしても転職を避けられない人もいます。その場合は闇雲に転職活動するのではなく、ある条件にそって転職活動をしましょう。

この条件を満たしていれば、あなたの転職は失敗しません。その条件とは

  • 正社員雇用
  • 一貫したキャリア
  • 未経験転職なら待遇が下がることを許容する

の3つです。

正社員雇用

28歳で2回目の転職をすると、契約社員や派遣社員などの雇用契約での採用を提示される場合があります。

20代の前半であれば非正規雇用でもいいですが、20代後半以降の転職ではよほどの理由がない限り、正社員雇用にこだわりましょう。

一度非正規雇用で採用されてしまうと、その後正社員になるのが難しくなるから。

dip株式会社による調査では、

「正社員で働けるのであれば働きたい」と回答した非正規雇用者は64.1%
そのうち68.8%は、不本意非正規ではないが、正社員を希望「隠れ不本意非正規」

非正規雇用者約10,000人に聞いた、正社員就業に関する意識調査より

という結果が出ています。

本当は正社員で働きたいと思っているのに、非正規雇用から脱出できない人が2/3も存在するという結果になっています。このぐらい正社員になるのは難しいことなのです。

2回目の転職では長く続かない人だと思われるので、非正規雇用という条件を提示されてしまいますが、そこは強い気持ちを持ち正社員雇用を目指すべきです。

現在は日本社会は人が求人倍率から見ても、人材が足りていない社会です。効率よく転職活動をすれば、必ず正社員での転職先を見つけられるはずです。

一貫したキャリア

あなたが一貫したキャリアによって、転職を目指しているのなら、2回目でも問題はありません。あなたのキャリアプランが職務経歴書や履歴書に現れていて、将来のビジョンを語れれば転職は全く問題ないでしょう。

そしてあなたの将来のビジョンと転職先で実現できることが一致すれば、理想です。

さらに転職業界では、普通の仕事が普通にできる人というだけですごく価値があること。ですから自分の職歴を活かせる転職先であれば、2回目でも問題はないでしょう。

そしてスキルがある人なら給与や待遇もアップできます。年収をあげる方法は28歳の転職で年収があがる3つの方法に詳しく書いています。

未経験転職なら待遇が下がることを許容する

未経験の転職なのであれば、待遇や年収が大幅に下がることも覚悟しておいてください。

毎月の給料が数万円下がれば、生活は一変します。「どうにかなるだろう」ぐらいで考えない方がいい。

今の仕事はある程度給料があるけれど、内容が好きではない。楽しくない。だから未経験の職種に挑戦したい。という人は踏みとどまる判断も考えて見てください。仕事はそもそも楽しいものではないし、どこに行っても嫌な上司は存在します。

どうしてもやりたいことがあって挑戦するという前向きなチャレンジならいいけれど、今の仕事嫌だから逃れたいという場合は今一度考えて見てください。

「まずは3年」は嘘

22歳で新卒で入社したあと3年間働いて転職。その後さらに3年働いて転職。これで28歳で2度目の転職をすることになります。

この3年たったら転職しても大丈夫という理論は2回目の転職では当てはまりません。

社会的に見ると「たったの3年で2回も辞めてしまっている人」なんです。

まず3年働こうというのは、あくまでも新卒の話。

会社から見れば、3年経った社員はやっと一人前に仕事ができるようになってきたレベル。むしろ入社して3年は人件費に対する売り上げの貢献度を見ても赤字の状態がほとんどで、やっと仕事ができるようになった3年目にすぐに辞められては困るんですよ。

20代のあなたからすると、3年も働いていれば充分に長い感覚はありますが、10年20年と長く働いて欲しい採用担当者から考えたらたったの3年です。

3年でしっかりとキャリアを積めていると考えてもいいのは25歳まで。それ以上の年齢では、前半の3年と後半の3年が一貫したキャリアで繋がっていなければ意味がありません。

同じスペックなら転職回数が少ない方が採用される

例えば、あなたとスペックが同じAさんという人がいたとしましょう。Aさんは1回目の転職であなたは2回目の転職です。この場合、わたしが採用担当者だった場合、確実にあなたではなくAさんを採用します。

なぜならさきほどから書いている通り。採用担当者にとって一番困るのは、採用した人がすぐに辞めてしまうことだからです。

2回目の転職の人か、初めての転職の人かどちらが辞める可能性が高いか。これは明らかですよね。

2回目の転職で失敗はできない

28歳で転職することのやばさを伝わったでしょうか?

最後にもう1つお伝えしたいと思います。

2回目の転職では絶対に失敗できません。なぜなら3度目の転職は絶望しかないからです。

2度目の転職はどうかなります。今の日本の社会では転職先も見つかります。正社員も十分に目指せる。

特に第二新卒が上場企業に内定がどんどんきまっている今の時代であれば、28歳でも上場企業だって狙えます。

でも2度目の転職で必ず一生続けられるような仕事を見つけてください。

一生とは言わずとも10年は続けられるような仕事を見つけるようにしてください。そのためにしっかりと自己分析をしましょう。

  • キャリアの棚卸し
  • 将来どうしたいのか

などをしっかりと行い、自分がこれから腰を据えて働ける職場に転職をしましょう。

まだしっかりと自己分析をしない人は本当のあなたを見つけられる簡単にできる”自己分析の方法”を読んで、自己分析をしてみてください。

転職活動がうまくいっていないなら

書類選考が通過できないとか面接まではいける採用されない場合は転職エージェントを活用しましょう。

  • フリーターやニートをしている期間があった
  • 2度目どころか3度目4度目の転職だ
  • 面接でうまく話せない
  • 書類選考を全然通過できない

などであれば転職エージェントを活用すれば解決します。

全て無料で行ってくれるのでおすすめですよ。どこに登録しようか迷っているのなら第二新卒が登録すべきおすすめの転職エージェント3選でおすすめを紹介しています。