あなたは28歳で2回目の転職をするヤバさがわかっているか?

28歳で2回目の転職。これは今までのキャリアを生かしたキャリアアップとしての転職なのか、もしくは未経験職種への挑戦なのかによって大きく意味合いが変わって来ます。

もしあなたが今までのキャリアを活かせない転職を考えているなら非常にやばい。

なぜなら28歳は、本来であればキャリアアップを目指して転職をしていく年齢だからです。

キャリアアップの為の転職であれば2回目でも問題ない

あなたがキャリアアップを目指して転職、すなわち今までの職歴が次の転職先でも活かせる転職ならば、とてもいい転職ができるでしょう。

求人倍率が高い現代の場合、即戦力になれる可能性が高い人は転職をするたびにどんどん給料があがっていきます。これはなにか特別な業績をあげている人でなくてもあてはまります。

普通の仕事が普通にできる人というだけですごく価値がある時代なので、なにか転職で解決したい場合は転職で解決できる問題は多いでしょう。

もし本当に解決できるかどうかが気になる人は転職エージェントに相談してみましょう。あなたの価値がわかるはずです。

>28歳でキャリアアップしたい人が選ぶべき転職エージェント3選

28歳で2回目の転職が未経験への挑戦はやばい

28歳になって未経験職種への転職をしたり、職歴に自信がない人は基本的に歓迎されていないと思ってください。

不人気の職種でない限り、未経験での転職は門は狭いはずです。なぜならもう28歳は若くないから。

今は求人倍率がめちゃくちゃ高いので、転職先に困ることはなさそうですが、実はそれは未経験の若い人経験のある人です。

28歳で未経験でしかも2回目の転職。この状態は非常にやばいんです。

もちろんこの世の中ですから採用してくれる企業はあります。

でも希望している職種でなかったり、採用されても契約社員や正社員になってしまう場合が多いんですよね。未経験職種で正規雇用されなければもっとやばいってことは知っておいてください。

会社によって契約社員の扱いは様々ですが、やはり正社員と契約社員では大きく違います。待遇も任せられる仕事も違う。もちろん正社員登用はあるかもしれませんが、形だけの場合もあるしごく限られた精鋭のみに与えられたものかもしれません。

だから未経験入社でも最初から正社員になるべきなんですね。そういう会社を探すのは簡単じゃないんです。未経験歓迎って書いていても、面接にいったら「未経験は契約社員からになるんだけど、、、」とか言われたりしますし、そもそも未経験歓迎なのに未経験を採用しない不思議な会社もあるぐらいですから。

なので、そういう難しい転職はは転職エージェントに任せるのが1番です。

難しい転職は20代なら、第二新卒を得意とする転職エージェントがおすすめです。

>>>第二新卒におすすめする転職エージェント3選

最後に改めて書きますが、転職エージェントなら、未経験でも正社員で採用してくれる求人がどの求人だったら本当に未経験でも採用しているのか知っているので、無駄が少なくなります。

転職エージェントならあなたの隠れた職歴を掘り起こしてくれることも結構あるもんですしね。

20代で2回転職した人の社会的な評価は低い

もしあなたが今までの職歴を活かせない転職をする場合、もしくは自信がもてる職歴がない場合は28歳で2回目の転職には慎重になるべきです。

20代で2回目の転職はあなたが想像しているよりダメなことなんです。社会的に見れば、すぐに辞めてしまう人なんですよ。すぐに辞めてしまう人を採用したい会社ってほとんどないので、人気職種や人気業種では採用されなくなってしまいます。

今は求人倍率がかなり高いので、2回転職してるからといって仕事が見つからないなんてことはないですが、希望通りの転職は難しくなってきます。

とはいえ、それなりの理由があって2回転職をする人もいます。この時、2回転職する理由が1回目と2回目で一貫していれば大丈夫。

たとえば資格取得のためとか、キャリアアップのために欠かせない転職なのであれば問題ありません。

しかも一貫した理由があれば28歳の転職で年収があがる3つの方法でも書いてあるように、2度目の転職でもどんどん年収があがる傾向すらあります。

「まずは3年」は嘘

22歳で新卒で入社したあと3年間働いて転職。その後さらに3年働いて転職。これで28歳で2度目の転職をすることになります。

「まずは3年」なんて言いますが、それが通用するのは1回目の転職だけです。2回目の転職は3年経っていても意味はないです。

社会的に見ると「たったの3年で辞めてしまっている人」なんです。

まず3年働こうというのは、あくまでも新卒の話。

会社から見れば、3年経った社員はやっと一人前に仕事ができるようになってきたレベル。むしろ入社して3年は人件費に対する売り上げの貢献度を見ても赤字の状態がほとんどで、やっと仕事ができるようになった3年目にすぐに辞められては困るんですよ。

むしろ会社からすると今すぐにでも稼いで欲しいはず。なので「まず3年働いてみよ」というのは新卒だけ。中途採用には通用しない。

要するに20代のあなたからすると、3年も働いていれば充分に長い感覚はありますが、採用担当者から考えたらたったの3年だってことです。

すぐに辞める人はなぜ採用されないのか

すぐに辞める人はなぜ採用されにくくなるのでしょうか。

この答えは非常に簡単で、企業はずーーーーと働いてくれる人材が欲しいからです。

採用って思ったより大変で、求人を出すのにかなりお金がかかる。(少なく見積もって数十万円〜)そして書類選考や面接をするのにも担当者が必要ですよね。さらに採用が決まったと思えばすぐに辞めてしまう人もいるし、さらに新入社員には教育も必要です。

要するに、できれば1人の人がずっと働いてくれればそれでいいのに、辞められたらすぐに採用しないといけないからすぐに辞める可能性がある人はできるだけ採用したくないのです。

あと採用担当者が内定を出しにくいということもあります。採用担当者があなたを採用したとして、もし1週間で辞めたとしたら、それは仕事上のミスなわけです。ミスをすれば「ちゃんと面接をしたのか?」と上司から怒られてしまうわけです。できるだけ上司から怒られるのは避けたいので、内定は出しにくいですよね。

同じスペックなら転職回数が少ない方が採用される

例えば、あなたとスペックが同じAさんという人がいたとしましょう。Aさんは1回目の転職であなたは2回目の転職です。この場合、わたしが採用担当者だった場合、確実にあなたではなくAさんを採用します。

なぜならさきほどから書いている通り。採用担当者にとって一番困るのは、採用した人がすぐに辞めてしまうことだからです。

2回目の転職の人か、初めての転職の人かどちらが辞める可能性が高いか。これは明らかですよね。

あなたのスペックを知りたいですか?

今のあなたのスペックだと市場価値がどのくらいか知りたいと思いませんか?
実は簡単に知る方法があります。
あなたのプロフィールを入力して、職歴やスペックを選択していくだけで、あなたのだいたいの価値がわかります。

転職をしたらどのくらい年収になるのか、そしてどんな転職先があるのか。

MIIDAS(ミーダス)というサイトです。たった5分でわかるので試してみてください。

2回目の転職で失敗はできない

ここまで28歳で2回目の転職をすることのヤバさを書いてきましたが、転職をするなとは言いません。

でもちゃんと考えて欲しいのが3度目の転職は期待してはいけないということ。2度目の転職はまだどうかなります。転職先もまだまだありますし、まだ選択肢はたくさんあるはず。

特に第二新卒が上場企業に内定がどんどんきまっている今の時代であれば、28歳でも十分に上場企業も狙えます。でも2度目の転職で必ず一生続けられるような仕事を見つけてください。

一生とは言わずとも10年は続けられるような仕事を見つけるようにしてください。

もし2度目の転職で失敗すると、20代で3度目の転職をすることになりますが、正社員になることはかなり難しいです。よくいう非正規雇用者になってしまう。

3度目の転職はないという覚悟で転職活動に臨んでください。

転職活動がうまくいっていないなら

すでに転職活動をしていて、書類選考が通過できないとか面接まではいけるんだけどなかなか内定がもらえないっという人は、おそらく転職回数がネックになっていることがほとんどです。

もしそれが理由で悩んでいるなら、転職エージェントに頼ってみてはいかがでしょうか?

  • フリーターやニートをしている期間があった
  • 2度目どころか3度目4度目の転職だ
  • 面接でうまく話せない
  • 書類選考を全然通過できない

など、うまくいかない理由はありますが、転職エージェントを利用すれば解決することも多いです。

第二新卒などをを得意とする20代におすすめの転職エージェントがおすすめです。

第二新卒と20代が登録すべきおすすめの転職エージェント3選

サブコンテンツ

このページの先頭へ