今、第二新卒が上場企業にどんどんと内定が決まっています。

あなたの周りでも、突然1流企業に内定が決まって年収も上がっているという人はいませんか?その人だけ特別ではなく、今日本はそういう転職者にとって非常に有利な状況なのです。

もしいつ転職するか迷っているのなら、今がそのチャンスです。なぜなら求人倍率が高い状態であることは間違いないのです。

正社員の求人倍率が1.0を超えた

求人倍率って知っていますか?

求人倍率っていうのは、日本国内で求職者1人に対して求人がいくつあるかを示した数値。

だから1以上あれば、理論上は全員がなにかしらの仕事に就けるということです。そしてさらに正社員の求人倍率が1を超えたというのは、求職者全員が正社員として採用されてもまだ仕事が余っている状態ということ。

2017年には求人倍率は2.oを超え、直近に2017年10月の求人倍率は2.25です。正社員の求人倍率は2017年の7月に1.0を超えてから、高い水準をキープしています。

要するに日本は「人が足りない」状況だということ

日本は今働く人が足りなくて、どんどん求人を出しているけどなかなか応募がこない状況なのです。実際に私の友人の会社では年末に仕事が増えるので短期アルバイトを募集するのですが、今までの時給で出してみたところ全く応募がこなくて驚いたと言っていました。

そのぐらいアルバイトの時給でさえもあがっているのです。5年前はどれだけ転職活動をしても、なかなか正社員の仕事は見つからない状況でした。

少しでも経験があれば会社を自由に選べる時代になりつつあるんです。だってたった1人の求職者を2.5人の会社が奪いあっている状態ですから。

恋愛で例えれば同時に2人以上から告白を受けるようなものなんです。そのぐらい求人倍率が高いってこと。

若いだけでそれが武器になる

とか言いつつ、恋愛だって結局イケメンだったりかわいい子しかモテないから、転職活動だって一部の人に内定が集まるんでしょ?って思いませんか?

実はあなたは強烈な武器を持っているのです。それは「若さ」もちろん20代の前半が一番いいですが、20代であれば若いと言われる層になります。

昔から未経験だって若ければ採用されるけど、30歳も超えるとなかなか採用されないっていうのが当たり前でした。いつの時代だって若いだけで採用されるのです。それが就職氷河期だってそうでした。

でも今は求人倍率はバブルの時代より高く、人が不足している状態なんです。その今の時代は若いだけで強烈な武器なんです。

それでも採用されないのはアピールの仕方が悪いだけ

そんな時代に採用されないとか、希望していた会社にいけない人っているんですよね。

あとは思ったように年収が上がらない人とか。それは転職の方法が悪いんです。

求人倍率が高くてどれだけ、地雷をふむわけにはいかないんですよ。採用担当者も会社の一員。上司がいて、採用した人が仕事ができないと怒られるわけです。採用した人がすぐやめてしまったら怒られるわけです。

だからできるだけいい人を採用しないといけないんですよね。でも20代前半なんて、職務経歴なんてあってもないようなもの。

優良企業に採用されている人がみんないい職歴を持っていると思いますか?そんな20代の前半で重要な仕事を任してくれる会社なんてほとんどありません。

だから第二新卒の転職はアピール力で差がつくのです。

同じ能力でも、アピールが下手な人は全く採用されず、アピールがうまい人は内定がたくさん出てその内定の中で年収アップ合戦が繰り広げられているのです。

あなたのその蚊帳の外だと思いますか?いいえそうではありません。

社会に出たら大学の名前なんて意味がないし、職歴なんてそんなに差はない。だからちゃんとアピールをするだけでその後の人生は大きく変わります。

うまくアピールする方法ってあるの?

じゃあどうやってアピールするか。

  1. まずは自分の職歴を棚卸しする
  2. 応募先企業の求めている人材を知る
  3. 自分の能力がどのように求めてる人材とマッチするかをアピールする

という流れが一番正しい。

1と2をやらない人は少ないと思います。もしやっていないのなら転職活動をなめすぎなのでやってくださいね。やっていたら勝負が決まるのは3のどのようにマッチしているかを伝えることなんです。

  • まともな職歴なんてないし。。。
  • ちゃんと仕事してきたけど、そんなに特別なことしてない

という人でも、大丈夫ですよ。

むしろ20代前半なんてそんなものだと思います。あなたにとって当たり前のことが他の企業にとっては特別なことである可能性は非常に高いのです。

転職でアピールがうまくて成功している人は、職歴がすごいのではなく、自分の職歴がどのように特別なのかを知っている人たちなのです。

自分でアピールできない人は転職エージェントを使って

アピールするスキルってもちろん努力で身につけることのできるスキルでもあるのですが、転職活動をしてすぐに身につくものでもないんですよね。

だからといって諦めるわけにもいきません。人生かかってますからね。

じゃあどうするか。転職サポートのプロに任せてしまえばいいんですよ。転職エージェントと言って転職活動を助けてくれるサービスがあるのです。

しかも無料で(←これ大事)サポート料は人を採用する企業からとっているので転職者は必要ないんですよ。

転職エージェントを利用すれば、書類作成も代わりにやってくれて、あなたの担当者があなたの強みを分析して面接でどのようにアピールするかを教えてくれます。

しかもあなた1人でアピールしなくても、担当者が面接後にフォローをいれてくれたりするので、面接が苦手な人でもちゃんとアピールできるので内定がもらいやすくなります。

なのでアピールが苦手な人は転職エージェントを使いましょう。

おすすめの転職エージェントは第二新卒が登録すべきおすすめの転職エージェント3選でチェックしてください。