面接にたどりつく転職理由の考え方と気をつけるべきポイント3つ

「本当にしたい仕事を見つけました。現在の職場ではそれが実現できないのでやめました。」

よくありそうな転職理由ですね。これでは書類選考通りにくいんです。無理とは言いませんが通過しにくい。なぜだかわかりますでしょうか。ポイントは転職理由の責任をどこに置いているかです。

採用担当者が転職理由を聞く理由

採用担当者にとって転職理由とは言い換えると「なぜ前職を辞めたんですか?」です。

これによって面接官はなにを知りたいかというと、「あなたがまたすぐに辞めてしまわないかどうか」です。入社後すぐに辞めて欲しくはないのです。

すでにあなたはせっかく就職活動を頑張って内定をもらって入社した会社を辞める。もしくはやめようとしているのです。採用担当者にとってそこは気になってしかるべきでしょう。あなたの辞める理由がまた次入る会社でも同じ事がおきないかどうか。そこを気にしています。

面接や書類選考においては、次はやめない決意である事を伝える必要があります。

そのポイントを3つお話しますね。

転職

 

1.自分の失敗を認める

ありきたりの転職理由に少し付け加えるだけ

「今回はやめますが、次はやめずに頑張りますので宜しくお願いします」というのはやめておきましょう。なぜならその言葉は誰でも言えるからです。誰でも言える安直な言葉は採用担当者に響きません。なぜなら誰しもが言っているからです。少し手を加えるだけでいいんです。

自分の失敗を認めて、その上で転職活動に臨んでいるということを付け加えるだけです。

自分の失敗を認める

自分が失敗したことを認めてしまったら採用されないんじゃないのか?と思いますか?

実は第二新卒で転職するということは、すでに失敗なんです。なぜかというとすぐに職場をやめてしまうのは、あなたの会社選びが間違っていたからです。そこしか内定をもらえなかったからと言う人は、学生時代になにもしてこなかったからや、就職活動を人より頑張らなかったためでしょう。

採用担当者かられば、すでにあなたは就活に失敗している状態なのです。言い訳はせずに堂々と認める。なぜ自分の失敗を認めるべきなのかというと、その失敗を繰り返さないためです。

あなたの周りにいませんか?いつも同じ失敗ばかりしてるのに成長しない人。その人はその失敗する理由が自分で分かっていないから対策をできないので失敗しないのです。

失敗する理由があってそれに気づきその対策をしていれば、次に同じ失敗をする確率は少なくなります。次に同じ失敗をしないとうことは、次は辞める可能性が低いということにつながっていきます。

自分の失敗を認める具体的な方法

失敗していない事を主張している転職理由は具体的にいうと

  • 今の職場は残業が多すぎてプライベートがないので・・・
  • 自分の本当にしたい仕事ではないので・・・
  • 会社の考え方が自分の考えと合いません。

これは全て会社の責任です。これを自分の責任で考えてみてください。今回なぜあなたは転職をするのか。なぜ今の仕事をやめてしまうのか。過去に今の職場や新卒での転職活動の場であなたができることはありませんでしたか?

自分の失敗について考えてみましょう。

  • 新卒での就活のときに会社のことをろくに調べもせず、エントリーしていませんでしたか?
  • 自己分析をちゃんとして自分が本当にしたいことを考えてから転職活動していましたか?
  • 有名企業というだけで応募していませんでしたか?

心当たりはありませんか。ちゃんと会社を選んでおけば起きなかった問題かもしれません。

僕も採用担当者も責めようと思ってはいません。あなたがあなたがしている失敗に認識してそれをしっかりと転職理由で認めることが必要です。

例えば上記の3つの転職理由を自分の失敗を認めて言い換えてみると

  • 私は、プライベートも大事にしたいと思っています。それなのに採用試験で残業があると言われていたにもかかわらず現職の職場を選んでしまいました。
  • 新卒採用の時は、周りが就職活動していたから流されて就職活動をしていて今の仕事に就きました。自分が本当にしたい仕事についてしっかりと考えもせずに就職活動をしていました。そのときの自分の行動が自分のしたい仕事をできないという結果を生み出しました。それでも自分のやりたい仕事をするために転職活動をしています。
  • 就職活動のときにろくに会社のことを調べもせずにエントリーしていました。その結果自分の考えていた環境と全然違う環境で働く事になりました。その会社は◯◯のような考えた方であり、私にそれはどうしても合いませんでしたので転職をします。

あくまでも例えばの話ですけど、「自分のしたことの結果で今は自分がしたい事が出来ていないので転職します」という言い方です。

自分がしたことの結果で」を付け加えるだけで、採用担当者の印象はまったく違います。

2.本当にしたいことが見つける

あなたの今回の転職理由はなんですか?今の仕事がつらいからですか?

仕事はつらいものです。どんな仕事に就いてもそれには変わりはありません。たまに楽しくて仕方がないという例外の方もいますが。仕事を辞める理由はつらいというだけなら、また次の仕事でもやめてしまう可能性があります。

でも自分のしたい仕事なら自分が叶えたい未来のためならその仕事のつらい部分も耐えらるのではないでしょうか。自分の本当にしたい仕事はありますか?

これがわかっていればその仕事を選んだから次はやめないと自信を持って言えるようになります。採用担当者にも説得力が出てきます。自分の本当にしたい仕事は見つかっていますか?

やりたい仕事を見つけてる人が頭の中で必ず行っている方法

3.応募する企業をちゃんと研究をする

応募する企業がどんな会社かわかっていますか。ちゃんと企業研究しているでしょうか?

あなたは転職理由に現職を辞める理由を書いています。その辞める理由が今回採用試験を受ける会社にも該当するとしたらどうでしょうか。採用担当者は「この理由で辞めるのなら、うちでもすぐに辞めるだろうな」思います。

それならば確実に書類選考は通過できないでしょう。転職理由で「すぐにやめます」と言っているようなもんですから。

転職理由が採用試験を受ける会社にもあてはまらないように、しっかりと企業研究はしておきましょう。

 

転職理由を考えることはあなたがまた辛い目に合わない事にもつながる

今回あなたは転職をします。一生懸命に就職活動をして入社したにもかかわらず、それもそれは今いる会社が辛くて辛くて仕方なかったからというのもあるでしょう。

また同じ目に遭いたいから転職活動しているのではないと思います。その辛い状況を打破するために転職活動を行っているのではないでしょうか。

次の会社では楽しく生き生きと仕事できるといいですね!

 

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ