面接で緊張してうまく話せないあなた!

うまく話さないといけないと勘違いしていませんか?

面接ではうまく話せたとしても採用されるわけではありません。

もしあなたがアナウンサーやCAなどを目指していて、話すことが仕事なのであれば、噛まない方がいいですし、ハキハキスラスラと話せた方がいいでしょう。

でも一生懸命質問の意図を考えて、噛みながらでも話していれば、うまく話しているかどうかはあまり関係はありません。

営業職でさえもうまく話す必要はないですね。むしろ話せない人の方が売れますから。

だから面接ではうまくやろうとせず、噛みながらでもいいから、あなたの気持ちを素直に伝えること。そしてたどたどしくとも、あなたがどのように役立つかをしっかりとアピールすることが重要です。

ebb75edc21f2c03ad09a40cde7fceebb_s

面接で緊張しないためにあなたにできること

面接練習企業を作る

面接で緊張しないためには、面接練習用の企業の面接を受けるべきです。実際に私の経験上でも第一志望の企業を最初に受けて失敗をして、その失敗を生かして第二志望の企業の面接ではうまく話せた経験があります。

これは2社目では「面接慣れ」と「どんな質問が来るのかを想定できる」というのがメリットです。

1社目の面接で「え?こんな質問されるの?考えてないよ!」って思ったことも2社目なら想定の範囲内なので対応できますし準備もできる。

そもそも1度目と2度目では緊張度合いが全く違います。

どんな質問が来るのか想定しておく

1社目を受けて2社目も同じ業界の面接を受けるのならば、たいていの場合は同じような質問がきます。これはかなり高確率で当たっています。

なぜなら同じ業界の同じ職種であれば、採用担当者にとって聞きたいことも同じだからです。

だから1度同じような業界で、悪く言えばあまり行きたくない企業の面接を受けてみるのがいいでしょう。

これならば面接に受からなくてもいいので、緊張せずにのびのびと話せますし、「あ、俺ってこんなに話せるんだ」って勘違いできるのでかなりおすすめです!

実はこの勘違いが大事で、一度出来たことはできていないことよりも自信をもって行動できます。

その結果、緊張をせずに面接にのぞむことができます。

回答を実際に口に出して練習してみる

1度面接受けてどんな質問がくるかわかったら、どのように返すのか考えておきましょう。

ここで大事なのが、実際に口に出して練習してみることです。それも面接でいう時と同じトーンと声量で。なぜなら頭の中で考えていることを口から言葉に出してみると、意外と言葉になって出てこないからです。

実は、面接の準備をしっかりとしたのに、面接の現場で言葉が出てこないのはこれが原因です。

今、実際に言葉に出して練習してみてください。意外とちゃんと口からは出てこないことを実感できるからです。

最強の面接対策は模擬面接

面接の対策はいろいろありますが、最強の面接対策は模擬面接です。それも面接先の企業を想定した模擬面接です。

これができるのは、転職エージェントだけです。

転職エージェントでは転職支援サービスといって、求職者の転職を無料でサポートしています。その中に模擬面接をしてくれるサービスがあるのですが、この模擬面接が面接の中で最強なのです。

転職エージェントはあなたのような求職者と企業の橋渡しの役目をもっています。だから日頃から採用担当者と話しているので、採用担当者がどんな人なのかを知っています。

そしてその企業で面接を受けた人からもフィードバックを受けています。これは言い換えると、その企業の面接でどんな質問をされるのかを転職エージェントは知っているということになります。

普通に求人サイトからの応募だと、面接を受けるまで「どんな面接官がでてくるのか」どんな質問をされるのか」はわからないのですが、転職エージェントではその情報を面接を受ける前に知ることができるのです。

その状態で、さらにその企業の面接を実践形式で模擬面接を受けることができるので、実際の面接と近い練習ができます。(模擬面接は希望者のみ)

面接に自信がないのであれば、必ず転職エージェントに登録するようにしておきましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちらから

まとめ

あなたの目指す職業はなんですか?アナウンサーですか?芸人ですか?違うと思います。だから面接でうまく話す必要は全くありません。

もう一度言います。話すことが仕事でないのであれば、面接でうまく話す必要は全くありません。

一言一言に時間をかけて考えて答えてもいいのです。

むしろ、なにも考えずに答えていれば、どこでもそういう風に答えているんだろうなと逆効果になってしまいます。

ただ面接の準備は必要です。

  1. 面接練習企業を受けて
  2. 質問を想定し
  3. 回答を口に出して練習しておく

といった準備は必ずしておきましょう。そうすれば、あまり緊張せずに面接に望めます。

最後にひとつだけ

面接はどんな人でも緊張はします。日常的に面接を受けているわけではありませんので、必ず緊張します。

だから緊張をすることをあまり悲観的にかんがえないようにしましょう。