あなたは面接が得意ですか?

その緊張感は人によっては直前に吐きそうになってませんか?

なんとか書類選考を通過して面接にたどりついても、面接が苦手であれば内定をもらう事はできません。

面接は模擬面接を受けることで、緊張もかなりマシになりますし、受け答えもスムーズにできるようになります。

模擬面接

模擬面接を友人や親にしてもらう場合に気をつけること

まず一つ目の方法は友人や知人に頼むことですね。

身近な人ですし、あなたのお願いであれば快くやってくれる人はいると思います。

ただ現在働いている社会人にしましょう。

主婦(主婦も立派な仕事ですが)で会社に属することから離れている、お母さんとかは模擬面接にむいてません。

なぜなら会社の面接の感覚とはかけ離れてしまっているから。

この時気をつけるべき3点があります。

  • 会社の同僚に頼まない
  • 緊張感を持って行う
  • 必ずフィードバック(模擬面接がどうだったか)をもらう

会社の同僚には頼まない

身近な友人の一つに会社の同僚や先輩や後輩という選択肢があります。一番身近で一番頼みやすいとは思いますができれば避けましょう。

なぜかというと転職は会社にバレると色々と厄介だからです。

「内緒にしといてね」って言っても人の口を閉ざす事は出来ません。あなたも内緒にしてもらっていたはずなのに、気が付いたらみんな知ってた経験はありませんか?

実際人間の噂話は確実に広がります。

あなたも「これ本当は内緒だけど・・・」って言いながら話した経験もあると思います笑

緊張感を持って行う

模擬面接を行うときは緊張感を持って行ってください。どうしても知人だと恥ずかしくなって笑ってしまいますがそこは真剣に。その緊張感になれることも模擬面接の1つのメリットだからです。

まずはあなたが真剣に行う事。その空気を汲み取って相手も真剣にしてくれます。それでも笑ったり茶化す模擬面接官がいたら、別の人を探しましょう。

必ずフィードバックをもらう

よくやってしまいがちなのが模擬面接を終わったら、それで終了してしまうこと。

そこで終わっては意味がありません。

模擬面接のメリットは客観的に見てもらえることです。

あなたの面接で直したほうがいいところや、良かったところを聞いておきましょう。

模擬面接が終わった後には、あなたからフィードバックが欲しい事を伝えることを忘れずに。

転職エージェントで模擬面接を受ける

転職エージェントはあなたの転職活動のサポートをしてくれます。もちろん模擬面接もその一つ。

ここまでご紹介した方法はあくまで一つの方法であり、私は転職エージェントに登録をして模擬面接をうける事をおすすめします。

なぜなら友人や知人は基本的に素人です。

転職エージェントは転職のプロであり、毎日あなたのような転職者と接しています。そして採用担当者とも接しています。

だから模擬面接の面接官としては最適なのです。

さらに転職エージェントのいコンサルタントはいろんな会社の採用基準を知っています。

例えばあなたが入社したいと思っているA社という会社があったとします。

すでにその転職エージェントから何人かA社の面接を受けていれば、その人たちがなぜ採用されたのか、そして落選したのかうぇお知っています。

どんな事がその会社に響くのかが事前にわかっていれば、面接の準備がしやすいと思いませんか?

そしてさらにA社の面接での質問内容なども知っていることさえあります。(以前、面接を受けた人に聞けばわかりますよね?)

だからなかなか内定がもらえない人や、面接が苦手な人はぜひ転職エージェントで面接をうけることをお勧めします。

転職エージェントについての詳細はこちら

模擬面接をするメリット

面接マナーの確認

面接では一定のマナーが必要になってきます。

  • ノックしてから部屋に入る
  • 「失礼します」挨拶など
  • 後ろ手でドアをしめない
  • 面接官の指示があってから着席する

など。まだまだあります。

全員出来て当たり前のことなので、これらの一つでも抜けがあるとマイナスポイントは大きいです。そのマナーを忘れないようになれること。これは頭の中ではできません。

実際に身体を動かしながらやってみると以外と流れでできなくて、ギクシャクしてしまうものです。

頭の中でやってみるのではなくて、動きは身体を使って言葉は口を動かしてやることをおすすめします。

話すスピードや癖がわかる

普段はゆっくり話すのに、面接になると急に早口になったり声が小さくなったりする人がいます。自分ひとりではなく、誰かに見てもらうことで初めて気づける癖が誰にでも一つはあります。

面接では減点になってしまうような癖は、自分ではわかりません。

ずーっと貧乏ゆすりしている人を雇いたいとは思いませんしね。

貧乏ゆすりと同じようなことを、あなたは面接で無意識でやっているかもしれない。

そういったことに気づけるのも模擬面接のメリットです。

模擬面接を受けるための裏技

同業他社の面接を受ける

これはタイトルでも言っていた通り裏技です。そして効果も期待できます。

第一志望の面接は一番最初にこないように調節するのが無難です。面接の空気感は独特なのでその空気に飲まれてしまえば、なにも言えなくなってしまいます。

そうならないように、同じような業界の会社に第一志望より先に面接を入れるんですね。それを第一志望の模擬面接にしてしまう。同じ業界の人は、やはり同じようなタイプの人になることが多いです。そして面接で聞かれることも似てきます。

その聞かれた事を元に、第一志望の面接対策もできますので一石二鳥です。

問題は第一志望より先にその会社の書類選考を通過しないといけないことです笑 これが難しい人もいるんじゃないでしょうか?僕も昔はそうでした笑

職歴が少なくても書類選考を10倍突破する職務経歴書の書き方

まとめ:面倒でもやっておく

転職はあなたのこれからの人生を左右します。だからといって悲観する必要hありませんが、充分に準備をしておく事は非常に重要です。行きたい会社であればあるほど、緊張する可能性も高くなるので、模擬面接の重要性が大きくなります。

面倒でも必ずやっておきましょう。

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。