転職エージェント

上手な転職エージェントとの付き合い方。掛け持ちは伝えるほうがいい?本音で付き合うべき?

転職エージェントは、転職の救世主です。

が、初めて転職エージェントを利用するときは、どんな風に付き合っていけばわからないかと思います。

 

このページでは、上手な転職エージェントとの付き合い方(掛け持ちはするべき?本音ですべて話すほうがいいの?など)についてご紹介したいと思います。

 

 

また、第二新卒だと、職歴がすくなく転職エージェントを利用できるのか?という疑問などもありますが、第二新卒は企業が一番募集してる人材ですので、第二新卒こそ転職エージェントを利用したほうが有利な転職ができる場合がありますので、どんどん利用するようにしましょう。

 

 

それでは転職エージェントを上手に利用するポイントをお話してきたいと思います。

転職エージェントとの付き合い方

 

転職エージェントの掛け持ちは3つがベスト!

転職エージェントは、掛け持ちがおすすめです。

転職エージェントごとに扱ってる企業に違いがありますので複数の転職エージェントに登録すべきです。

 

おすすめの転職エージェント

たた、あまりたくさんの転職エージェントを掛け持ちするのはよろしくありません。

(多すぎると面接などの時間を合わせられなくなりますので逆効果です)

 

なので、3つの転職エージェントを掛け持ちするのが最適です。

 

1つ2つではすくないですし、4つでは少し多いです。

 

自分にあった転職エージェントを3つ選ぶようにしましょう。

 

転職エージェントには本音で話をする

転職エージェントをうまく活用している人は本音で転職エージェントに伝えます。「今他で採用面接を受けている会社が第一志望なのか」「希望年収」だとか。本当に思っている事をお話しましょう。

 

そういった事を隠しているとあなたにとって本当にいい企業を選ぶことができません。

 

エージェントはあなたが不利になるような事を採用面接を受ける企業に話したりはしませんし、他言しないで欲しいと言われた事を話したりはしません。

 

エージェントを信頼し、本音で話をしましょう

転職エージェントへのレスポンスは24時間以内に必ず行う

レスポンスが早い事は社会人において、どんな職業であっても優遇されます。

 

転職エージェントもあなた一人とやりとりをしているわけではなく他にも同じ求人を紹介している人は数人いるはずです。そのためやはり電話をしたら出る事が出来なくても24時間以内に折り返しの連絡をする。メールが来たら24時間以内に返す。求人を紹介されて迷っている場合でも迷っている事を伝える事が大切です。

 

レスポンスが早い人は必要な事を後回しにしない人。そういう人は仕事もできる傾向にあります。転職エージェントも企業との信頼関係もあるため「この人を紹介しても大丈夫かな」と思ってしまったらどうしてもあとまわしになってしまいます。

 

電話、メール、返事はどんな形であっても24時間以内に行いましょう。

転職エージェントへの書類の提出は期限を守る

24時間以内とも似ていることになりますが、書類の提出期限を守る事も印象が良くなります。

書類関係の場合に大切な事は作成方法がわからなければエージェントに早めに聞く事。不完全な形であっても早めに一度提出をして相談しましょう。書類を書けない事を責めることはありません。書けないのであればそのフォローをするのもエージェントの仕事です。

 

提出期限ギリギリで「作成方法がわからなくてまだできていない」となっても不完全な状態で企業に提出するしかない場合もあります。

 

書類の提出期限を守るためにも余裕をもって取り組みわからなければ早めに聞く事を心がけましょう。

転職エージェントとこまめに連絡を取り合う

面接を受けた後のフィードバックはエージェントにとって、あなたの先行を手助けするために必要です。

 

面接でどういった事を聞かれたのか、どのように答えたかなど、面接が終わった後すぐに伝えることで企業へフォローの電話を入れたりすることもできます。面接やエージェントとは関係ない採用試験の結果であってもエージェントが知っていることであればできるだけこまめに報告をし合いましょう。

 

あなたがこまめに連絡を取ることで、エージェントもこまめに連絡をとってくれるようになります。

転職エージェントとの面談で話したことを変えない

エージェントとの面談では正しい本音を言えるのに、企業との面接の場では強く言えずに言いくるてしまわないようにしましょう。

例えばエージェントとの面談で年収は550万円欲しいのに、面接では弱くなって500万円で言いくるめられて事もあるようです。面接で言って通った条件というのはそれも含めて、採用試験のうちです。550万円でないと無理なら採用しなかったということもあり得ます。

エージェントとの面談で話した事を覆さないようにしましょう。

 

まとめ:ビジネスパーソンとして当然のことを行いましょう

今日紹介した心得は転職エージェントに限らずどんなビジネスであっても大切なことです。結論としてビジネスパーソン同士ということです。。

そこに金銭の授受はありませんし、どちらが偉いということもありません。エージェントも人間です礼儀をもって接すればちゃんと応えたくなるのも事実です。必要以上に下から接する必要もありませんし、上から接する必要もないということですね。パートナーとして接していきましょう。

 

-転職エージェント

Copyright© 転職PRO【初めての転職を応援するサイト】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.