付き合い方_thumbnail

転職エージェント

転職エージェントとの賢い付き合い方【任せっきりは危険!】

転職エージェントとの距離感がいまいち分からない!という方のために、
誰でもわかる明確な基準を考えてみました。

 

この記事では、

  • 転職エージェントとの付き合い方における大前提
  • 転職エージェント・キャリアアドバイザーの位置づけ
  • 転職者が心がけるべき態度とすべき行動
  • キャリアアドバイザーに頼るべき仕事
  • キャリアアドバイザーに任せない方が良い3つの作業

を解説していきます。

 

この記事を読めばわかること

  • キャリアアドバイザーの本音
  • なぜ任せっきりにしない方が良いのか

 

こんな人に向けた記事です

  • 転職エージェントを初めて利用する人
  • キャリアアドバイザーとの距離感が分からない人

それでは順番にみていきましょう。

 

 

 

転職エージェントとの付き合い方【大前提】

 

初めて転職エージェントを利用する人からすると、
担当してくれるキャリアアドバイザーとの距離感がわからないかもしれません。

 

色々な転職についてのサイトを見ていると、
「キャリアアドバイザーは転職に関することは手取り足取り何でもやってくれそうなイメージ」を持つかもしれません。

 

結論から言うと、手取り足取りやって貰うには
「あなたの転職に対しての情熱」を見せつけないといけません。

情熱と言っても、詳しくは後述しますが、

  • 迅速な返信
  • 面接対策

など、社会人としてはごく当たり前のことです。

 

しかしながら、

メールや電話でのやり取りが多いが故に

  • 途中で連絡が途切れたり
  • 現職で忙しくなって提出物もおろそか

になったりしてしまう転職希望者が一定数います。

 

そうなると、いくらキャリアアドバイザーが優秀だとしても転職者(あなた)との化学反応は起こりません。

 

こんな時どうする

こちらは返事はしっかりしているけど、キャリアアドバイザーからの返事が遅い場合

その場合は紹介できる求人が少なく、優先度が低くなっている可能性があります。

もちろん、転職エージェントはそのような事実をハッキリ言及しない場合があるので、そのときは違う転職エージェントに申し込むべきタイミングかもしれません。

 

 

転職エージェントを複数掛け持ちは申告OK!

 

転職エージェントによっては、
「他のエージェントも利用しているか?」を聞かれるかもしれません。

その際は、正直に複数利用していることを申告してOKです。

 

これは特に駆け引きをしたいから聞くのではなく、
同じ企業へ複数の異なるエージェントから応募しないように細心の注意を払わないといけないから聞くだけです。

 

複数がスタンダード

 

企業によっては、2種類以上の転職エージェントに求人を掲載することも十分にありえます。

 

採用側も探り探り人材発掘を進めるので、こういった傾向が見られます。

 

また、多くの転職エージェントは複数のエージェント利用を推奨しています。

 

 

 

転職エージェント・キャリアアドバイザーに対する認識をチェック!

 

ここでは、転職者をサポートしてくれる

  • 転職エージェント
  • キャリアアドバイザー (担当者)

に対する認識の擦り合せをしていきたいと思います。

 

転職エージェントに対する認識

転職エージェント = 営利企業

転職エージェントの利用は転職者にとって完全無料なので、なんとなく素敵なボランティア団体に映るかも知れません。

もちろんそんなことはなく、転職エージェントも立派な営利企業。

企業が求める転職者を斡旋することによって、採用した企業側から年収の約3割の報酬を受けることになっています。

 

いわゆる「転職サイト」は求人案内の掲載料を貰うに対して、「転職エージェント」は実際に採用した場合のみに費用が発生するので、企業側も納得しやすいです。
助手

 

 

キャリアアドバイザーに対する認識

キャリアアドバイザー = ビジネスパートナー

の構図で転職活動を進めると良いでしょう。

 

勘違いしやすいですが、キャリアアドバイザーは

  • 先生
  • 取引先
  • お手伝いさん
  • ボランティア
  • 友人

ではありません。

 

あくまで一緒に戦ってくれるパートナーという認識でOKですが、力関係は「転職者(あなた)」の方が若干弱いです。

 

 

呼び方は様々

キャリアアドバイザーの呼び方はいろいろ存在します。

各転職エージェントによって変わってきますが、基本的に概念は一緒です。

  • キャリアカウンセラー
  • キャリアアドバイザー
  • 転職コンサルタント
  • エージェントの担当者

このサイトでは「キャリアアドバイザー」で統一します。

 

 

キャリアアドバイザーを支える営業チームの存在を意識しよう

転職エージェント構図

転職者と直接やり取りする
キャリアアドバイザーは窓口担当で、

対して、転職者には見えない存在が営業さん(営業チーム)です。

営業チームの役割は、企業の採用担当者のヒアリングをし、実際に企業に訪れて社内風景を見学します。
その後、募集要項を作成し、サイトに掲載していきます。

 

営業チーム キャリアアドバイザー
・企業の採用担当者のヒアリング
・応募社の精査
・転職者のヒアリング
・スケジュール調整

 

管理人
キャリアアドバイザーがフロントエンドだとすると、
営業チームはバックエンドの様な役割です。

 

 

営業チームの精査に注意!

企業への応募は基本的には転職エージェント内でまず応募者のスペックを審査します。

10人枠の案件に対して、30人もの候補者がいると精査(選出)は必然的になります。

この営業チームからOKを貰えないと書類審査にさえ選出してくれません。

 

営業チームとしても、自分のメンツがあるので
あまり「的を外れた人材」を送り出したくないというのが見て取れるでしょう。
助手

 

もちろん、営業チームが求めるレベルであることは大切ですが、キャリアアドバイザーの推薦も重要となってきます。

 

日頃から「希望としている職種」を明確にさせ、
人としてのマナーをキャリアアドバイザーに向けていくことで限りなくサポートしてくれるはずです。

 

 

キャリアアドバイザーと転職者のそれぞれの役割

転職エージェントと上手く付き合う為にはそれぞれの役割をしっかり事前に知ることから始めなければいけません。

キャリアアドバイザーに任せるところは任せてしまった方が得策です。
なぜなら転職者の方でも、こなさないといけない役割が多いからです。

 

転職者の仕事

(態度)

  • 明確なビジョンを持つ
  • フレンドリーな態度を心がける

(行動)

  • 迅速な対応
  • 期限内に書類提出
  • 面接後の感想を共有

キャリアアドバイザーの仕事

  • 転職者の現状や希望・本音をヒアリング
  • 企業の情報提供
  • 推薦文の作成
  • 年収・条件の交渉

 

順番に詳しくみていきましょう。

 

 

転職活動のあなたの仕事

転職者_注力すべき役割

 

この章では転職活動を進めるにあたって、あなた(転職者)の役割を明確にしていきます。

前提として、
”社会人としてしっかり転職活動をやり通す”

という心を持つことです。

なぜなら、現職があるまま転職活動を進めると
案外、忙しくて心が折れそうになるからです。

  • 平日フルタイムで働きながらの企業研究
  • 仕事後、キャリアアドバイザーとの連絡のやり取り

意外と骨が折れる作業です。

必ず今から挙げる基本事項を守る、と最初に心に決めましょう。

 

 

態度 : 明確なビジョンを持つ

 

転職活動の成功のカギは「転職後の自分のワークスタイル・ライフスタイルを明確に描く」です。

特に大切なのは理想のワークスタイルをキャリアアドバイザーに伝える力です。

 

ここをおろそかにしてしまうと、
キャリアアドバイザーに言われるままの企業に面接へ行き内定(下手するとミスマッチ)

というパターンになってしまいます。

こうなると誰のために転職をしているか見失うことになります。

内定してるから成功とは言えません。

 

必ず自分が理想とする

  • 年収
  • 勤務地
  • 業種
  • 職種
  • 転勤の有無
  • 福利厚生
  • 従業員数
  • 創業年数

を紙に書き出しましょう。

 

もちろん、理想の職場に行くには必須のスキルや経歴が必要です。

スキルや経歴に関してはキャリアアドバイザーから直接聞き出す事ができます。

 

自分と向き合うのが初めて!苦手!という場合は下記の自己分析のかんたん5ステップを試してみてください。

関連
転職に成功するための自己分析のやり方【超かんたん5ステップ!】

続きを見る

 

 

 

態度 : フレンドリーな態度を心がけよう

 

転職エージェントとうまく付き合うには、フレンドリーな態度で臨むのが吉です。

堅すぎると、キャリアアドバイザーも対応しにくいし、至って業務的になります。

不真面目な態度は嫌悪感を持たれて、キャリアアドバイザー自身も投げやりな仕事になってしまいます。

 

 

各転職エージェント公式サイトでは「しっかりサポートするよ!」と大々的に歌っていますが、現実問題人間は平等に対応しません。

人間誰しも、好き嫌いがあります。

 

このページを読んでいる皆さんも
過去に「この人の頼みだから(無償でも)頑張った!」という経験があるはずです。

ぜひこんな風に応援されるような人となるよう最低限努力すべきです。

 

 

フレンドリーな態度だと「この人すぐに転職できそうだな」というのを演出できます。
助手
管理人
少し抽象的ではありますが、下記の「NGな態度」を避けるだけでだいぶ良くなるはずです。

 

 

 

NGな態度

 

横柄な態度
やってもらって当たり前と思う人は態度に滲み出るものです。
店員に横柄な態度を向ける人がたまにいますね。
あんなふうにならないよう気をつけよう。

だからって媚を売るのとはまた違います。
助手

 

 

モゴモゴ / ボソボソと消極的な態度

ハッキリ言わない、下向きがち…というのも困ってしまいます。
ある程度は対処してくれますが、なかなか心を打ち明けれない場合は
キャリアアドバイザーのサポート出来る範囲が半減するので非常に勿体無いです。

普段、レジでお礼を言うところから練習してみよう。
助手

 

 

行動 : 迅速な対応を心がける【最大24時間以内】

 

続いて応援される転職者になるにあたって、求められることが
迅速な対応を心がけることです。

 

電話がかかってきたら、ちゃんと取る。
もちろん仕事中は避けたほうが得策ですが、仕事後かけ直すなどして
なるべく連絡を途切れず密に繋がることを心がけましょう。

目安は24時間以内に連絡を返すこと。

 

また、どうしても電話をかけるタイミングがなければ
メールで連絡して「転職活動やる気あります!」という事を体現しましょう。

 

もちろん、NOということも大切です。

キャリアアドバイザーが勧めてくる案件が合わない場合もあるでしょう。
そのときは、ハッキリ合わないと言いましょう。

 

 

 

行動 : 期限内に書類提出

転職エージェントにお願いすると
書類の提出を求められます。

  • 履歴書
  • 職務経歴書

です。

しかも、応募する企業ごとに

  • 自己PR
  • 志望動機

を少し変更しないといけません。

 

その度に、提出を求められるので
必ず期日までに送ることを心がけましょう。

 

締切が過ぎるとエントリーさえできなくなるので
1つの可能性が潰れることになるし、キャリアアドバイザーにも迷惑がかかります。

 

 

すぐに書類提出するコツ : 面談を申し込んで置く前に用意する

早めに提出するコツは、

転職エージェントに申し込む前に

履歴書・職務経歴書のたたき台を作っておくことです。

 

クリエイター職の場合

デザイナー等、過去の作品が求められる可能性がある場合は前もって、

・ポートフォリオのPDF化

・webサイトにアップ

しておきましょう。

 

人に言われてやるより、自ら先に仕込んでおくと気が楽です。

特に現職で忙しい場合は精神的にも体力的にもしんどい時期なので、この様な細かい雑務を一つ一つやっつけておきましょう。

 

 

行動 : 面接後の感想を共有

無事、企業との面接を済ませたら
迅速にキャリアアドバイザーに

前向き
前向きではない

を伝えましょう。

 

また、理由とセットで伝えることが大事です。

面接後、企業に行きたい!という気持ちが芽生えたらキャリアアドバイザーに、正直に伝えることによって通常より押し気味でプッシュしてくれるはずです。

 

 

 

 

キャリアアドバイザーの仕事の範囲

 

キャリアアドバイザーの役割

ここからはキャリアアドバイザーの役割を明確にしていきます。

 

 

転職者の現状や希望・本音をヒアリング

一般的には

  1. 面談前の電話
  2. 初回の面談
  3. 面接前 / 後
  4. 内定後

上記のように約4段階でヒアリングを行います。
(人によっては③の段階が複数回繰り返されます。)

ヒアリングでは、

  • 希望転職先
  • 現状不満に思っていること
  • 面接後の本音

を聞き、社内チームで共有し次回のアクションに役立てます。

 

 

企業の情報提供

転職エージェントを利用する最大のメリットは、

企業の公式サイトだけでは辿り着けない情報を提供をしてくることではないでしょうか?

 

企業情報というのは

  • 採用担当者にまつわる小ネタ
  • 例年の採用傾向
  • 募集背景 etc..

細かい事から大きな事まで情報を得られるので
ある程度、面接前に企業に関することが知れます。

 

特に、面接後などは
「採用担当者の胸のうち」を共有してくれるので
「自分は求められているんだな」という事がわかり易いです。

 

このように内部の情報ももちろんですが、
採用の前向き度も聞くことができるので内定前に温度差を把握しやすいのが特徴です。

 

 

推薦文の作成

キャリアアドバイザーは通常、面接前に推薦文を同封して履歴書と職務経歴書を企業へ送ります。

履歴書・職務経歴書だけでは伝えられない細かな経歴や転職者の人となりを事前に伝えます。

 

転職エージェントが長年培った独自ノウハウに基づく推薦文となるので、1人で転職活動を薦めるよりは大きなメリットです。

 

特に転職エージェントという第三者を挟むことで企業側も心理的に安心感を得られます。

 

 

年収・条件の交渉

転職するからには年収アップを目論みたいのが普通と思います。

 

しかし、自分から面接時に年収の交渉をすると、
内定欲しさに妥協してしまったり、高く見積もり過ぎて敬遠される可能性があります。

 

一方、キャリアアドバイザーに任せると、
過去の実績から適正年収が分かるのでより有効的な交渉を進めてくれます。

特に転職者の年収は転職エージェントの売上に直結するので、この部分はかなり強い味方と言えるでしょう。

 

 

転職エージェントに任せっきりにしない方が良い要素

任せっきりは危険

転職エージェントに任せるところは信じてお願いするべきですが、中には任せっきりにすると危険な要素もあるのでご紹介します。

 

 

 

① 求人案件はある程度自分で判断すべき

転職エージェントを初めて利用すると、求人数の多さにびっくりするかもしれません。

大手の転職エージェントでは「はじめに15〜20社応募しましょう。」と言われるはずです。

もちろん「数撃ちゃ当たる」という考えや、
転職への肩慣らしが第1の目的ですが、
言われるがままに応募すると段々、本来の転職する意味が失われやすいという事も頭に入れておきましょう。

 

進められるがままの応募は自己フィルターが無い状態でエントリーしてしまうので、

  • 根本的にミスマッチ
  • ミスマッチスキル
  • スキル不足

が目立ってきます。

 

冷静に考えると、わかるはずなのに、

テンションが上がってしまう"転職ハイ”のときは気付きません。

しかし不採用の通知をもらうと段々と精神がすり減ってしまいます。

 

 

ポイント


多めに応募することも大切ですが、出来る限り冷静になり自分なりに企業研究を事前にして応募するかどうかを決めましょう。

 

 

 

② 履歴書・職務経歴書の添削は積極的に行われない

多くの転職エージェントは「履歴書・職務経歴書の添削」がメリットだと挙げています。

 

しかし、経験上そんなに積極的にキャリアアドバイザー側から添削しましょうか?と提案されることは少ないです。

 

ですので、「適当に書いて後はキャリアアドバイザーが良い感じに仕上げてくれる♪」と思ったら大間違い。

 

意外にも、転職者自ら書いたまま提出ということがザラです。

 

もちろん、

  • 誤字脱字
  • こうした方が良いですよ〜

など

軽いアドアバイスは貰えるのですが、

赤ペン先生並の添削というのはない…というのが現状です。

 

 

ポイント


基本的にキャリアアドバイザーが自らエクセルなどで作成・添削はないと思ったほうが良い。
キャリアアドバイザーとの対談やメール、企業研究を行った後に自ら修正していくと言う姿勢でいるべき。

 

③ 面接日の日程調整

面接日の調整など細かいこともキャリアアドバイザー側が担当してくれるのでありがたい限りです。

しかし、転職活動を開始した序盤ならまだ良いのですが、段々と応募先が絞り込んでくる時期はスケジュールの管理に注意しないといけません。

 

ほとんどの方が複数の企業の選考を受けると思いますが、

そうなると内定時期がズレる可能性が出てきます。

下記の綱渡りな例のようにかなり危険になります。

[綱渡りな例]

A社 : 6月1日 面接 → 6月3日 結果 (第2希望) 内定返事は10日以内
B社 : 6月10日面接 → 6月15日 結果 (第3希望) 内定返事は7日以内
C社 : 6月20日面接 → 6月30日 結果 (第1希望) 内定返事は7日以内

 

第2希望の会社から内定を貰っても、第1希望の会社を受けたいと思います。

しかし、内定承諾の返事は10日以内となると、ここを蹴らないといけない可能性があります。

 

第1希望が受かるか分からない状態ではなかなか正常な判断がしにくいのが現実です。

 

こうならない為にも、面接(特に最終面接)の日程調整は面接を受ける前にある程度計算して、無理を言ってでも調整して貰えるように考えましょう。

 

ポイント

  • 複数のエージェントを利用している場合はちゃんと申告し、調整できるようにしてもらう
  • なるべく内定結果が分かる時期を合わせる

 

 

 

担当変更は最終手段!

キャリアアドバイザーの役割を紐解いていくと、
キャリアアドバイザーは事務的な作業が圧倒的に多いことがわかります。

 

つまり、転職の成功・失敗はやはり、転職者次第とも言い換えることができます。

 

従って、担当(キャリアアドバイザー)の変更は最終手段だということを頭に入れておきましょう。

キャリアアドバイザーを変えたからって「最高の転職ができる」というのは保証されません。

 

しかし、もちろんあまり優秀ではない担当ももちろん存在はします。

そんな時のみ変更をお願いしよう。

担当変更の決め手

  • やる気がない (返信が遅い)
  • 丸っきり的ハズレな案件ばかりを紹介してくる
  • 希望する業界に関して無知

 

 

 

まとめ

 

今回は転職エージェントと上手く付き合うための考え方をご紹介しました。

悩まれる方は多いですが、転職エージェントを複数利用している方は正直に「複数利用している」と申告してOKです。

 

唯一注意すべき点は、違うエージェントから同じ企業に重複応募しないように気をつけること。

 

 

また、転職エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)とコミュニケーションをはかる時は彼・彼らの奥にいる”営業チーム”の存在にも気にかけると転職活動がスムーズに進みます。

 

 

そして、転職エージェントを利用するにあたって
「あなた(転職者)の役割」
「キャリアアドバイザーの役割」

の区別を明確にしておこう。

頼るべきところは頼ってエージェントを利用する利点を最大限活かしましょう。

 

 

但し、

・求人案件の選択
・履歴書・職務経歴書の添削
・面接日の調整 (複数応募の際、最終面接の日程はなるべく近づける)

は自分自身で行うことをオススメします。

-転職エージェント

Copyright© 転職PRO【初めての転職を応援するサイト】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.