あなたの転職活動がうまくいかない3つの理由

転職活動をしているけど、なかなか内定が出ない。私も以前は不採用通知が届くと、ひどく落ち込んでいたものです。

面接になかなか受からないとか、人によっては書類選考さえ通過できないという人もいらっしゃいます。

なぜあなたの転職活動がうまくいかないのかわかりますか?

実は転職がうまくいかないのは、だいたい3つの場合に分類できるんです。

転職活動でうまくいかない人を分析してみると

  • スキル不足・アピール不足
  • 応募数が少ない
  • 採用担当者の質問に答えていない

この3つに該当します。

それぞれがどんな内容なのか、どのようにすれば解決するのかについて書いてみますね。

1.スキル不足・アピール不足

未経験職種への転職の場合などに多いのがこのパターンです。特に書類選考を通過できない場合は、この「スキル不足」に当てはまる場合がほとんど。

でも本当にスキルが足りていないのでしょうか?実はアピール不足なだけの場合も多いのです。

あなたにとって当然のスキルはあらためて職務経歴書に書いたりしませんよね?自動車運転免許証を所持していることを履歴書に書くぐらい当たり前のスキルってありますよね?

そういうあなたにとって当たり前のスキルはあまり履歴書や職務経歴書に書こうとしないことが多いのですが、そこにアピール不足の原因が隠れていたりします。

その当たり前のスキルを書いていない為に、スキルがないと思われてしまい書類選考で落ちてしまうことって少なくないんですよ。

当たり前のことだからと言って書類に書かなくていい訳ではないんです。

応募している企業が必要なスキルはどんな些細なことでも履歴書や職務経歴書に全て書くべきなのです。そのぐらいわかってくれるだろうなんて手を抜いていたら、履歴書や職務経歴書を流し読みされて「スキル不足だから書類選考落ち」という悲しい結果になってしまっている人がどれだけいるか。

なので必要なスキルは細かく書きましょう。

どんなスキルを書けばいいのか

これはその企業が求める人材に合わせて変化します。

企業が求めているスキルを求人や企業HPから探り、そのスキルを自分が持っているかどうかを確認します。そのためには、自己分析と企業研究が必要になるでしょう。

もし自分にできない場合は一番最後に書く、転職支援サービスを利用するようにしましょう。

応募する職種や会社を変更する必要があるかも

もし企業の求めるスキルに自分が達していないのであれば、職種や企業を変更する必要があります。

新卒採用と違って中途採用は、ほとんどポテンシャルは見られません。あなたが今持っているスキルで判断されます。スキルが足りなければ、書類選考を通過できません。

ただ今は人材不足の世の中でなかなか採用ができないので、少しぐらいスキルが少なくても採用されることもありますし、面接も受けられることもあります。

それなのに書類選考も通過できないという場合は、全くスキルが足りていないということ。応募する職種を変更するかスキルが少なくても採用されそうな会社を探しましょう。

採用されそうな会社を探すにはどうしたらいいか。それは3つ目の理由に詳しく書きますが、応募数を増やすことが大切です。

2.採用担当者の質問に答えていない

スキル不足ではなくアピールもできているのなら、書類選考は通過できているはず。

では面接で採用されないあなたはなにが悪いのでしょうか。

それは採用担当者の質問に答えていない人が多いです。

どういうことかと言うと、採用担当者の質問に対して答えるのではなく、あなたのアピールしたいことを伝えているだけになっていることがあります。

質問されることを想定して、その答えを面接で用意している場合に、この状況に陥りやすいでしょう。

もしかして自分は大丈夫だと思っていませんか?

ちゃんと質問に答えていない人のほとんど(おそらく全員)が、ちゃんと質問に答えていると勘違いをしています。もしかしたらあなたも面接で質問にちゃんと答えていないかもしれません。

ちゃんと質問に答えているかを確かめる方法

あなたが直近で受けた面接での質問をいくつか思い出してみてください。転職理由や退職理由などがいいでしょう。

その質問内容を正確に思い出し、あなたはどのように答えたでしょうか?

その答えはちゃんと質問に答えられているでしょうか?

3.応募数が少ない

転職活動がうまくいかない理由の1つに、応募数が少ないこともあげられます。とはいっても、何十社とエントリーしろというわけではありません。

でも全身全霊で1社を受けて、その1社の結果が出るまで他の企業に応募しない人がどれだけ多いことか。なぜなんででしょう?求人広告や企業HPだけでその会社のことがわかっているんでしょうか。

あなたにこんな経験はありませんか?求人広告を見て、「この会社に入社したい!」と思ったけど、実際に面接に行ってみると思ってた会社と違う。なんてことを経験したことは1度や2度ではないはず。

転職活動って、会社が一方的に転職者を選別するものじゃなくて、転職者と企業のマッチングなんです。

企業は採用する時に、あなたに会ってみて「求めている人材像」と違うなと思えば採用しません。

そしてあなたも面接で採用担当者に会ったり会社に訪問してみることで、「この企業は思っていた企業とは違う」と思えば内定が出ても入社しないと思います。

この逆もあり得るんですよね。求人広告ではピンと来なかった企業が、面接を受けてみるとすごくいい会社だと思えることがあります。

なにが書きたいかというと、求人広告だけではわからないことの方が多いということ。実際に会社を見て決めた方がいいですよ。ということ。なので同じような職種であれば別業種などでも面接を受けてみるということは必要だと思います。

あなたのスキルで採用してもらえる会社を探すのもたくさん受けることが大事

スキル不足で採用されていない場合でも、企業によってはあなたを採用する可能性はあります。

これはどの程度スキルを求めているかは企業によって違うからで、求人広告で同じような応募資格でもディテイールは違ってくるということ。

求人広告には文字制限があるので、全て書くことができないのです。

  • 採用したいスキルは高くて、緊急性が低い場合
  • 採用するスキルは低くてもいいから、緊急性が高い場合

例えばこんな2社があったとして、前者だと採用されなかったけど、後者では「少しスキル不足だけど、そこは入社してから補ってもらおう。今はこのスキルを少しでも持っている人が欲しい」という会社だってあるわけです。

でも同じような人を採用したがっているので、求人広告は同じような内容になってしまうんですよね。

だから同じような内容だとしても、どんどん採用試験を受けるべきなんです。そうすればスキルが多少低くても採用される可能性は十分にあります。

うまくいかない場合は転職支援サービスを使おう

転職支援サービスって知っていますか?転職エージェントという呼び方をすることもありますね。

転職支援サービスでは、

  • あなたがどんなスキルを持っているかを分析してくれる
  • 模擬面接などであなたの面接などの間違っている部分があれば教えてくれる
  • あなたの希望に合う職種業種であなたのスキルで入社できる会社を教えてくれる
    (あなたのスキルでは諦めなければならない場合はそれも教えてくれます)

という、もしあなたの転職活動のまずい部分があれば修正してくれるサービスです。

なので半年間転職活動をしてうまくいかなかった人が、たったの3週間で2件の採用通知が届くこともあるぐらい効果があります。

おすすめの転職支援サービスは就職Shopです。

ここだとまず書類選考がなくて、面接からになりますし未経験から事務職や企画や経理などの人気職種の求人もあるのも特徴です。

他にもおすすめの転職支援サービスを見たい場合は、第二新卒が登録すべきおすすめの転職エージェント3選をご覧ください。

 

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ