職歴が少ない人にとって、職務経歴書は書くことがなくていつも困らせられます。

しかもその職務経歴書が原因で書類選考をなかなか通らないし。

でも職務経歴書は職歴が少ないから書類選考を通らないのではなく、職務経歴書の書き方を知らないから問題なのです。

要するに職務経歴書の書き方をあなたが知らないだけ。書き方さえわかれば誰でも充実した職務経歴書を書けるようになります。

どうしても自信がない人は転職エージェントに相談して変わりに書いて貰えばいいだけですしね。

職務経歴書

職歴が少なくても職務経歴書には関係ない

職務経歴書ってどんな形でしょうか?

履歴書のように形が決まっていないですよね?だから職歴が少ない場合は、職歴以外のことを充実させればいい。

資格だったりアルバイト経験だったり、資格をもっていないなら自己PRでA4のコピー用紙を埋め尽くしてやればいいのです。書き方が自由でフォーマットも決まっていないのですから。もっと自由に書きましょ。

職歴がないのなら、他で埋め尽くすしかないんです。逆に言えばそれだけ自由にアピールできるということです。

では具体的な書き方をについて触れていきます。

職務経歴書の書き方

  • 学歴(志望職種と近い場合は「志望関連の学歴」)
  • 職歴
  • アピールポイント(スキルなど)
  • 自己PR

職務経歴書に書くことはこの4つ。

書くことについては変わりません。順番も普通です。職歴が少ないからといっても書く内容は増えません。職歴以外をもっと充実させるだけなんです。

学歴

学歴はそこまで詳しく、書く必要はありません。基本的には最終学歴の卒業年月だけで OK。

応募する職種と近い学歴があればそれについて詳しく書きましょう。。

  • どんな専攻だったか
  • 卒業論文はどんなものか

などプラスになりそうなものは書いておきましょう。

そこまで難しく考える必要はありません。どう考えても不要なものは書かないほうがいいでしょう。

職歴

簡単に入社年月日や在籍した部署や、おこなった業務を年表に合わせて箇条書きにしていきます。

履歴書に書いてあることをそのまま箇条書きしてください。そこに下記項目を肉付けしていきます

  • 会社概要
  • 研修内容
  • 所属部署
  • 職務内容
  • 経験業務

会社概要

会社概要に書くことは

  • 事業内容
  • 本社住所
  • 資本金
  • 従業員数
  • 売上高

以上の項目は自社ホームページに載っています。

前職の会社概要をなぜ書くのかというと、採用担当者があなたかの携わってきた事業の規模を知るためです。事業規模が違うと担当業務の範囲も変わってきますし、仕事内容も変わってきます。簡単に調べることができるので面倒くさがらずに正確に書きましょう。

研修

入社してすぐに研修があった場合には研修内容について細かく書いていきます。社会人として当然の事しかやってないと思うかもしれませんが、新卒採用以外では受けることはできません。あなたの一つの武器になります。

所属部署

所属した会社ごとに所属部署の年表を作ります。

職務内容

その年表の一つ一つの部署に、その部署の職務内容を書いていきます。気をつけるのが、ここで書くのはあなたの職務ではなくその部署の職務について書きます。

経験業務

その部署でのあなたが経験した業務について書いていきます。

アルバイト経験について

アルバイト経験については入社1年目の場合は書いてもいいでしょう。入社2〜3年目の場合は希望職種と関わりがある職種だったりそこでの経験が企業の求める人物像に役立つのなら書いていきます。

アルバイト経験を職務経歴書に書く時に絶対にしてはいけないこと2つ

転職理由

転職理由を素直に社会人の言葉で書いていきましょう。ただし、前職への批判は禁物。嘘を書けということではなく表現の仕方です。転職理由については詳しくはこちらで書いています。

転職理由の考え方

アピールポイント

これは人によって表題が変わってきます。これは自己分析や企業研究の中から特に自分のアピールすべきポイントを表題として書いていきます。

  • PCスキル
  • 経理スキル
  • プログラム言語
  • 営業経験
  • etc

おそらくいくらでも出てきます。もちろん複数書いてもかまいません。ただし書いていいのは、テクニカルスキルでかつ企業が求める人物像を満たしていけるものだけ。直接の経験がなくてもその中で経験したことが、面接先企業においてどうように役立てるのかを書いていきます。

テクニカルスキルとは

自己PR

アピールポイントがテクニカルスキルならば、自己PRはパーソナルスキルを書いていきます。コミュニケーションスキルや、仕事をうまくすすめていく方法など。

詳しくはアピールポイントと自己PRについてはこちらで詳しく書いています。

自己PRについて 

職歴が少ない場合に書類選考を通過するためにできること

ここからやっと職歴が少ない人が商務経歴書を買う時に気をつけるべきことです。

ただし具体的に「◯◯を書けばいい」というものはありません。あくまでも考え方を伝えますが、具体的な内容はご自分で考えてもらわないといけません。

職務経歴書は職務経歴だけを書くのではない

あなたは職務経歴書に職歴だけ書いて提出していませんか?

職務経歴書には職歴を書くものなので、職歴を書いているのはおかしいことではありません。でも職歴だけを書いている人では職歴が充実していないと難しいでしょう。

採用担当者にとって職務経歴書がなにのために必要なのかを考えてみましょう。答えは簡単で入社後に即戦力になるかどうかを見るために提出してもらっているんです。

職歴が充実していれば、職歴だけ見れば役立つことがわかるでしょう?でも職歴が少なかったり短い場合は、少ない職歴を目一杯アピールしないと、興味を持ってもらうことさえ難しいですよね。

だから職歴が少なくても、書類選考を通る人はどうしているかというと、自分の経歴が応募先企業でどのように役立つかまで書きましょう。

自分がどのように役立つかをしっかりと応募先企業にプレゼンをしましょう。

採用試験とはプレゼンテーションの場

書類選考から面接までこれは全て自分を売り込むプレゼンテーションです。

ここで間違っていけないのは、プレゼンテーションとは、「これはいい商品です。安いです」と押し売りすることではありません。

「この商品を買うことによって、あなたにとってこんなにいい事があります」というように相手にとってどんなメリットがあるのかを説明する場です。

例えば、バッグを買ってもらいたいと思っていて女性がいたとして、あなたがその女性を口説くとします。「君のためにヴィトンのバッグを用意したんだ」っていうのが一番早いですよね。間違ってもその女性に「僕と付き合うと毎日一緒にいてあげるよ」って言っても響かないってことです。

つまりアピールしたい相手のニーズに合わせて伝える事や伝え方を考える必要があるということです

だから応募先企業がどんな企業でどんな人材が欲しいと思っているのか、応募する職種がどんな仕事をするのかなどを調べて、あなたの経験や長所の中からどんないいところがあるかを考える必要があるんですね。

そこで必要なのが「企業研究」と「自己分析」です。

突然ですが、職務経歴書はプロに任せてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントってご存知ですか?

転職者をサポートしてくれる企業のことで、転職先の企業から報酬を得る形で運営されているので、転職者の利用料は無料です。

職務経歴書って誰でも時間をかければうまく書けるものなんですが、時間をかけるわけにもいかないし、その職務経歴書が書類選考を通過できる職務経歴書だとは限りません。

だからプロに任せてしまえばいいのです。

転職エージェントに登録をすれば、あなたの職歴と転職先の職種や求めるものに合わせて職務経歴書を、プロがあなたに代わって書き換えてくれます。

自己分析と企業研究もあなたに代わってしてくれるので、あなたはあなたのどんな企業に入社したいのかだけ伝えて面接に行くだけです。

さらに転職エージェントからの応募では、職務経歴書と履歴書はPDFで送るので、手書きで書く必要がありません。何度も書かなくても内容を少し変えて送るだけなので、書類選考を受けるのがかなり楽になりますよ。

↓のページにおすすめの転職エージェントをまとめました。

>>>おすすめの転職エージェントを見てみる

職務経歴書で生きてくる自己分析と企業研究

もしまだ自己分析をしていないのであれば、必ずやりましょう。

時間を惜しまずに自己分析と企業研究をしてから職務経歴書を書かなければ書類選考を通過できっこありません。

自分のことも、企業のこともわかっていないのに、転職がうまくいくわけがないんです。

あなたの長所や武器を知らなければ、アピールすることできません。企業の欲しい人材がわからなければアピールを間違ってしまうんです。

あなたが好きな人を口説くとして、その時は好きな人がタイプなのか必死になって調べませんか?

同じように企業がどんな人を求めているのか(どんな人がタイプなのか)がわからなければ、アピールのしようがありませんよね。

自己分析と企業研究は必ず行いましょう。

参考:書類選考を通過するためにできる自己分析の方法って?

参考:転職において企業研究とは、デートの時に相手の好きな食べ物を調べることと一緒

自己分析した結果を企業目線に立って見てみる

職務経歴書を書く上で大切なのが自己分析をした結果を、企業目線に立って見てみるということ。あなたが入社を希望している企業が、あなたのスキルや職歴を見てどのように思うのか考えてみましょう。

そしてどのスキルがその企業の職務に役立ちそうなのか考えてみてください。

  • 自分が今まで会社でどのような事をしたか
  • どんな失敗をしてどんな風に感じたか
  • その失敗を改善するためになにをしたか
  • その失敗のなかで学んだことはなにか

そしてその経験を企業研究で出てきた求める人物像と擦り合わせてみてください。

その結果、企業の求める人物像とあなたのスキルの合致する部分を、自己PRで猛烈にアピールしましょう。

成功経験がない場合は失敗した事が武器になる

成功ばっかりして来た人より、失敗してそれを改善した事のある人の方が採用試験では強いです。

「自分はは失敗した事が無い」という人はできれば自己分析にもう一度戻ってみてください。絶対になにかしら失敗はしているはずです。

上司や先輩に助けてもらったりしたこともあるでしょう。些細な失敗でも、採用担当者がドン引きしてしまいそうな大きい失敗でも構いません。

その失敗に対してどのように対応したのか。そこから学んだことはなになのか。その後の業務にどう生かしたのか。そういう部分を描いてある職務経歴書は強いですよ。

なぜなら失敗をせずに仕事ができるようにはならないからです。採用担当者も多くの失敗をして、そこから改善してきたからこそ、その立場があるからです。

失敗から学ぶ姿勢は転職活動の中でかなり評価されるポイントです。必ず職務経歴書に書くようにしましょう。

キャリアが浅い場合にこそ職務経歴書がかかせない

書類選考でキャリアがしっかりしていて、そのキャリアが企業が求めている人材像に近ければ、すぐに書類選考をパスできます。だからキャリアが豊富な人はそこまで職務経歴書に時間をかける必要はないんですね。

でもキャリアが少ない人の場合は、職歴を見ただけでは企業にとってあなたが必要な人かどうかがわかりません。だからキャリアが少ない人のほうが、職務経歴書に時間をかけて書かないと書類選考さえ通らないということになります。

参考:職歴が少ない人が職務経歴書にこだわらなければならない理由

採用担当者も職歴が足りないだけで不採用にしているわけではありません(もちろんそういう採用担当者もいます)

採用担当者の目的はいい人材を採用することです。企業の成長につながる人を探しています。だから職歴が悪くてもいい人は逃したくないものなのです。

だから採用担当者にあなたを採用したいと思わせるような情報が必要なのです。

その為にキャリアが少ない人は必死になって職務経歴書を書きましょう。

ではキャリアが少ない人は職務経歴書に何を書くのかというと、今までの経歴からどんなスキルを身につけたのか。どんな成功経験を積んでいるのかという点まで細かく書いていくことになります。

そして職務経歴書を書く上で一番大切なのは、その企業でどのようにあなたが役立つのかを採用担当者の目線で書くことです。

職務経歴書はしっかり時間をかけて

ここまで読んでいただいた人なら、職務経歴書を書くのに多大な時間がかかることはわかると思います。

しかも簡単じゃないこともわかると思います。

でもキャリアが浅くて職歴に自信がない人は、あなたの過去から「企業にとって魅力になること」を引き出せなければいい転職をすることは難しいでしょう。だから時間がかかったとしてもしっかり書くようにしましょう。

どうしても書けなかったり、面倒だったり、仕事の関係で時間が作れない人は転職エージェントを使ってください。

忙しい社会人にとって、転職エージェントを使うことはもはや常識だと思います。

>>>おすすめの転職エージェントを見てみる