第二新卒の転職を成功させるにはどうすべきか 

第二新卒の転職に大切なのはなにか知っていますか?

第二新卒で見られているのは、「またすぐに辞めてしまわないかどうか」です。

すぐに辞めないことを採用担当者に伝えなければなりません。ではどうすべきなのかというと、前職を辞めた理由を人のせいにせず、

  • 転職サイトに登録をして自分で転職活動をする
  • 転職支援サービスに登録をして転職方法を教えてもらいながら転職活動をする

という二つです。

少し前までは、転職サイトを使っての転職活動が主流でしたが、第二新卒の転職が盛んになってきて第二新卒の転職者も転職支援サービスを使った方が、転職先を見つけやすい状態になってきました。

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

転職支援サービスのススメ

第二新卒の転職はかなり厳しいです。

入社5年目の職歴を積んだような人でも転職先を探すのに苦労する人もいるぐらいです。

第二新卒は職歴はほとんどないような状態で転職先を探すわけですよね。

だから転職先を見つけるためには

  • 第二新卒を積極的に採用している会社をみつける
  • 少ない職歴をしっかりとアピールする
  • アピールできる職務経歴書を書く

などのことを自分で全てできる自信があれば、転職サイトを使っての転職活動でいいと思いますが、そうでなければ転職支援サービスを使ってみてもいいと思います。

転職サイトの転職活動と転職支援サービスを使った転職活動を簡単に比べてみましょう。

転職サイトの転職活動

転職サイトのでの転職活動は、新卒の時もお世話になったリクルートのリクナビネクストなどに登録をして自分の希望の業種や職種の会社を探します。

新卒の時とあまりかわりません。

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

という流れです。

少しだけ違うのがエントリーシートが新卒の時より簡単になっていること。

そして書類選考に必要な書類に職務経歴書が必要になったことです。

メリット

転職サイトを使って転職するときのメリットは、自由であることです。

どんな会社に応募するのも自由。

どんな書類を書くのも自由ですし、活動をしないというのも自由です。

例えば転職支援サービスサービスを使っていれば、採用される可能性が極めて低い求人(未経験で超人気職種など)は紹介してくれませんが、求人サイトでの転職なら挑戦はできます。

可能性は0ではありませんからね。

デメリット

デメリットは全部自分で一から学ばないといけないというところです。

特に職務経歴書の書き方はややこしいしとっつきにくい。

しかも職歴はないに等しいから、職務経歴書をうまく書けなくて書類選考で落とされる人は多いようです。

転職支援サービスを使った転職活動

第二新卒で転職支援サービスの流れを説明すると

  1. 登録
  2. 転職アドバイザーに会って面談
  3. アドバイザーから求人の紹介
  4. 紹介された求人の中から選んで応募
  5. 書類選考
  6. 面接
  7. 内定

という流れです。

求人サイトと違うところは

  • 面談であなたの希望や今までの経歴の棚卸をする
  • 希望にあった求人でかつ採用されやすいものを提示される
  • 書類選考や面接の前後にアドバイザーから応募先へフォローが入る

というところです。

メリット

転職支援サービスのメリットはあなたにアドバイザーつくことです。

アドバイザーがつくことによって、職務経歴書の書き方を教えてもらったり自分の客観的な評価をしてもらうことができます。

これは書類選考でも面接でも役に立ちます。

なぜなら第二新卒の場合は職歴が少ないため自分の評価を低く見てしまうことが多くて、自分のアピールをしっかりとできない人が多いのです。

だから「一生懸命頑張ります!」アピールをする第二新卒者が後を絶ちません。

転職はそんなアピールでは採用されませんからね。転職はあくまでも経歴を見て採用するかどうか判断するのです。そこで「頑張ります!」と言われても採用担当者は困るわけです。

だからこそアドバイザーと面談をしてあなたのアピールポイントを探すことが大きなメリットになります。

そしてもう一つのメリットが、面接や書類選考前後のフォローがあること。

採用担当者は人間なのであなたを面接に進ませるかどうか、採用するかどうかを迷います。

例えば、求人サイトから応募をしてきたAさんと、あなたの2人のどちらを採用するかで悩んだとします。(この状態は結構リアルに存在します)

アドバイザーは採用担当者とつながっています。迷っているところにアドバイザーからの連絡があって、あなたのメリットを再度後押ししてくれるのです。

そうなれば、その2人からあなたを選ぶ可能性がかなり高くなると思いませんか?

デメリット

転職支援サイトのデメリットは少し面倒なことと、応募する会社を自分で選べないことです。

転職アドバイザーとの面談はあなたが時間を割いて会いに行く必要がありますし、採用される可能性が極めて低い求人は紹介されません。

そういう自由がきかない所が転職支援サービスのデメリットです。

アドバイザーがいれば求人を出していない場合も採用試験を受けられるかも

アドバイザーとあなたの希望する会社の採用担当者のつながりが深ければ、現在応募を行っていない求人でも面接をしてくれる可能性もあります。

具体的にいうと、A社の面接をあなたが受けたいとします。

ただ求人サイトを見ても、あなたが応募できる職種の求人はなく応募できない状態だったとします。

そんな時にアドバイザーが「御社では今、第二新卒の求人は行っていませんがいい人がいるので面接してみませんか?」と問い合わせしてくれるのです。

求人サイトと転職支援サービスはどっちがいい?

 

おすすめの転職支援サービスについては下記ページで詳しく書きました。

第二新卒におすすめの転職支援サービス

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ