紹介予定派遣は最長6ヶ月の派遣期間のあと、正社員になれる制度のことで比較的正社員になりやすいので、職歴が少なかったりなかなか普通の正社員採用では採用されない人だったり、今まで派遣社員として働いてきた人に人気です。

ただ紹介予定派遣はそうそう簡単にいかない部分もあります。

正社員として採用するにはそれなりの採用基準もクリアしなければなりません。

8fd793a172ea39990e5c1cc62bceb459_s

紹介予定派遣は正社員になれるのか?

紹介予定派遣では会社に入れば、確実に正社員になれるのかというとそうではありません。

実際に働いてみて、あなたがそこで正社員になるのかを選べるのと同時に、会社側にあなたを正社員にしてもいいのかも見ています。

だから紹介予定派遣だからといって入社したからといって確実に正社員になれるわけではないんですね。

そのかわり、正社員になる前にあなた自身もその会社にいいのかを見れるというのもメリットの一つです。いきなり正社員で入社したとすれば、どんな社風の会社かがわからないので入社してから「こんなはずじゃなかった」なんてことにもなりますが、紹介予定派遣では社風がわかってから正社員になることができます。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣では

  • 正社員採用より入社のハードルが低い
  • 正式入社の前に社内の雰囲気はわかる
  • 書類選考がいらない
  • 事務の求人が多い
  • 面接が苦手でも働きを見てもらえる

というメリットがあります。

正社員採用より入社のハードルが低い

紹介予定派遣は正社員を採用した企業にとっても非常にメリットのある採用方法なので、入社しやすいのが1つのメリットです。

正社員採用というのは企業にとってリスクが大きいので正社員にしたくてもできないということを知っていますか?

正社員で採用をすれば簡単に解雇することはできません。どれだけ仕事ができない人であっても、たとえ問題社員であっても犯罪でも起こさない限りは解雇できないんですよね。

だから正社員で採用されることは難しい。

その点紹介予定派遣であれば、まず会社で実際に働いてもらってその上で正社員にするかどうかを選べるので、どうしても合わない社員であれば正社員として採用しなくてもいいので、まずは採用のハードルがかなり低くなります。

正式入社の前に社内の雰囲気はわかる

その会社とあなたが合うかどうかはあなたにとっても気になる所ですよね?

だからあなたもその会社で働いてみながら、実際に正社員として働くかどうかを決められるのです。半年も働けばその会社がどんな会社かもわかりますし、どんな人と一緒に働くかもわかります。

だから会社に入ってから我慢できなくなってまた転職して、履歴書を傷つけることもありませんし、合わない会社に入ってしまって会社に行くのが毎日嫌になってしまうこともありません。

書類選考がいらない

書類選考で落とされて、なんども気を落としたことがあるのではないでしょうか。

そんな書類選考も紹介予定派遣であれば必要ありません。

派遣会社に登録してあるものを派遣会社のフォーマットにして、あなたのかわりに提出しているからです。

転職エージェントなら書類選考が必要ないって知ってる?

事務の求人が多い

これはメリットにならない人もいると思いますが、事務の求人が多いのも紹介予定派遣のメリットです。

事務の求人はかなり人気があって、ある程度のスキルがないと正社員として採用されるのはかなり難しいです。

でも紹介予定派遣であればまずは入社してからスキルを覚えればいいですし、採用基準も低いので別業種からの転職でも挑戦しやすいのが魅力です。

面接が苦手でも働きを見てもらえる

どれだけ仕事ができても、面接が苦手だとなかなか採用されないんですよね。

「実際に働きぶりをみてもらえれば評価してもらえる自信あるのに!」という人も多いのではないでしょうか。

紹介予定派遣であれば、面接の際も派遣会社の担当者が一緒にいてくれてフォローしてくれるので面接が苦手でも大丈夫ですし、入社してしまえば仕事ぶりをみてもらえるのでしっかりとアピールすることができます。

だから面接が苦手な人でも採用されやすいのが、紹介予定派遣です。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣にはデメリットもあります。それは半年間働いて結局正社員になれないこともあるということ。

半年間働いた結果、通常であれば正社員として採用されますが、真面目に働いていなかった場合や遅刻が多い場合などは、正社員として採用されない可能性はあります。

ただし、基本的なルールを守ることができれば問題ありません。

紹介予定派遣の正社員になるためのハードル

通常派遣では禁止されている事前面接がある

通常派遣社員というのは事前に企業側で面接することなく、その企業に派遣されます。これは国が事前面接を禁止しているからですね。

まぁ、それでも事前面接があるところもありますが。

その事前面接では実際の派遣社員を雇う場合よりも採用のハードルは高くなります。もちろん正社員を採用するときよりは格段にハードルは低い。それでも派遣社員の受け入れほどスムーズではなくある程度アピールは必要になります。

それは最終的に正社員として採用しようと考えているからこそであり、逆にそういった面接などがない場合はそもそも正社員として採用する意思がない可能性もありますのでご注意ください。

働きは初めてからが本番

では面接もパスをして派遣社員として働き始めたからといっても、油断はできません。

派遣の半年間はあなたが会社を値踏みする期間でもあるし、企業からすると正社員として採用するかどうかを決める期間でもあります。

基本的には採用されると思っていても大丈夫ですが、遅刻や無断欠勤などをしていれば採用したくてもできませんよね?

その半年間はしっかり見られている意識で働く必要があります。だから実際に働き始めても油断せず(当たり前のことですが)真面目に働くようにして下さい。

正社員になりにくい紹介予定派遣会社もある

紹介予定派遣だとしても正社員になかなかなれない派遣会社も存在します。

実は紹介予定派遣として仕事を探している人に紹介したほうが、食いつきやすいですよね。例えば

「同じ給料・同じような仕事・勤務時間も同じ・通勤時間もだいたい同じ」という仕事でA社とB社の2つあったとします。Aは通常派遣でBは紹介予定派遣だとしたらあなたはどちらを選びますか?

おそらく正社員になりたいあなたであればB社を選ぶと思います。

このように、正社員になりたい気持ちを利用して派遣社員として雇用することが少なからずあります。

だからこのようなことをしていない派遣会社に登録をしないと、紹介予定派遣なのに結局正社員になれないってこともありえるので気をつけて下さい。

全ての派遣会社を調べることはできていませんがハタラクティブハケンであれば、そういった噂は聞いたことがありませんので、登録しようと思っているのならおすすめです。

直接正社員になるよりは間違いなく正社員になりやすい

紹介予定派遣は即正社員になる採用試験より、正社員になることは簡単です。

ただ普通よりは採用されるのにハードルが高いのと、実際働き始めてからも当たり前のことですが真面目に働く必要があります。

そして今すぐ正社員になるのは無理で、早くて半年ぐらいはかかります。だから、今すぐに正社員になりたい人にはおすすめできません。

でも正社員になりたいけどなかなか内定がもらえない人にとっては、紹介予定派遣は正社員へのハードル低いのでかなりおすすめです。

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。