第二新卒で未経験職種で採用されるためにできること

会社に入った。でも会社を辞めた。本当にやりたい仕事が見つかった。自分には未経験の職種だ。そしてまったく未経験の業種だ。未経験の仕事に応募していいのか。

答えはYes。もちろん応募していい。ただし、採用面接は厳しいものになるでしょう。

そのために十分対策をしていくことが必要です。

未経験

中途採用の基本は経験者採用

第二新卒は中途採用

第二新卒といっても枠組みはあくまで中途採用です。中途採用の場合は経験者採用が基本です。即戦力になり得る人を採用してすぐに現場で働いてもらうことが目的です。

これは第二新卒であったとしてもやはり同じこと。数年もしくは数ヶ月であっても経験があるかないかだけで採用試験を受けることのできる求人の数は異なってきます。

新卒採用と中途採用の違い

第二新卒という言葉に甘えられる今だからこそ挑戦できる

第二新卒と言われるあなたの年齢は20代前半のはず。その年齢であれば十分に未経験職種を狙って転職活動をすることができます。逆に言うとこの時代を過ぎると未経験職種への転職は無理ではないですがかなり難しくなってきます。

つまり、第二新卒と言われる今が自分の希望する業界に行ける最後のチャンスになるかもしれないということです。

未経験歓迎の仕事

未経験歓迎の求人は結構ある

求人サイトを見ていると未経験歓迎の仕事は結構あります。そういった求人を探して受けることで未経験であってもその会社への採用試験は受けることができます。

新卒とは違うことを覚えておいて下さい

未経験歓迎の仕事とはいっても未経験だからって新卒の時のように手取り足とり教えてくれる研修があるところは多くありません。実際に業務に携わり、経験を積みながら覚えていくことになります。

しっかりとした研修制度はあるかどうかを面接で聞いたりすると、少し空気が読めない子になってしまうので気をつけましょう。

経験者採用しかない職種もある

未経験歓迎の求人がない職種もある

経理関係などの専門的な事務職種の場合、未経験採用がない場合は多いです。それは専門的知識が否が応でも必要になってきますし、人気の職種なので未経験採用しなくても人が集まるという点もあります。

だからといって諦めるしかないのかというと、そんなことはありません。

経験者採用しかないのであればその周辺の業務を担当できる職に就く

未経験採用をしていない職種の場合は、その職種の採用試験を受けることすらできません。それなら希望する職種の業務も担当できるような周辺の職種に応募することをおすすめします。

今は無理でも、その職種で経験を積むことで3年後などに再度挑戦することも可能ですし、周辺業務に携わりながら自分で勉強をして資格をとってその業務に携われたり、勉強することによって任されることも少なくありません。

応募資格がない求人の攻め方

大企業では難しい

周辺業務に携わる職種に就く場合は大企業を狙うことは避けたほうがいいでしょう。なぜなら大企業では分業化が徹底しており、一人の社員が携わる業務の幅は狭くなります。

周辺業務についても本当にその業務のことしかわからないままになりかねないので、大企業は避けた方がいいでしょう。

中小企業を狙う

中小企業であれば、業務の幅が広く周辺の業務に携わっていれば希望の業務の知識も増えてきますし、そこで能力を上げていけば、業務の幅がもっと広がり希望の業務に携わるチャンスも多いと言えるでしょう。

周辺の業務がわからない場合

周辺の職種といってもその業界にいてもピンとこないかもしれません。そんな時には知っている人に聞いて見るのが一番早いです。

第二新卒の相談

その業界にいる友人に聞いて見る

希望の職種に就いている友人がいれば食事にさそって根ほり葉ほり聞いてみましょう。その友人が会社でどんな部署と一緒に仕事をしているのか聞いてみるのが一番早いです。

そしてその仕事に就きたいと思っているならそのことも伝えておきましょう。もしかしたらこのページで紹介しているように、その会社が人材に困っているけど求人広告を出していないだけでその職種の募集をしており、紹介でその職種に就ける可能性もありますよ。

転職エージェントに相談してみる

転職エージェントという言葉を初めて聞いた方はこちらも参考にして下さい。

第二新卒が転職エージェントを使うべき8つのメリット

周辺の業務に携わることのできる職種がわからなければ転職エージェントに相談してみてください。彼らは転職のプロですので、そのどんなスキルをつけていけばあなたの希望の職種に就けるのかアドバイスをもらうことができます。

おすすめの転職エージェント

まとめ

未経験職種での転職は簡単ではありません。しかし可能ですし、今しかないとも言えます。

もう少し実力をつけてからでは遅い可能性も。特に就職して3年目の方は早めに行動しないと時間はないです。

知っている人に相談をしてどんなスキルをつけるべきかを考え、転職活動をしていきましょう。

 

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ