• このままずっと就職できないんじゃないか
  • フリーターのままなのかな

就職できないことへの将来への不安やお金の不安だと思います。

既卒で就活をする人は、就職活動を頑張ってこなかった人か、頑張ったけど結果が出せなかった人だと思います。実は採用試験は得意不得意があって、自分を良く見せるテクニックというものが必要です。

あなたに能力があったとしても、ここが不得意だと内定がもらいにくいのです。

じゃあどうするのか。実は既卒の就活では

  • 今まで就職できていない理由を明確にする
  • あなたのやりたいことを決めておく

という点を抑えていれば、内定をもらえる可能性が一気にあがります。

16793eb6f9944bc6f882fcf5bfb8ba89_s

今まで就職できていない理由を明確にする

今まで就職できていない理由はわかりますか?

  • 就活を頑張らなかったから
  • 学生時代になにもしていなかったから
  • 書類選考が苦手だから
  • 面接が苦手だから

など、いろいろあると思います。自分なりに答えはなんとなく把握していると思います。そして面接で確実に聞かれますよね?「今まで就職が決まらなかったのはなぜですか?」って。

そこで変に隠そうとしていませんか?なにかしら言い訳をつけて正当化しようとしていると思います。

学生時代に頑張らなかったからだというのを認めると内定がもらえないんじゃないかって怖くなって言えなくなる。実はこれは逆効果です。

自己PRの書き方

面接官はあなたのような人をたくさん見ています。それはもう毎日です。毎日毎日言い訳ばかり聞いていたらウンザリすると思いませんか?

あなたを面接に呼んだ時点で履歴書を見れば、既卒だってわかりきっていますし、既卒だという時点であなたが学生時代サボっていたことをわかっています。サボっていなかったとしても能力不足だということはバレているんです。

そこで起死回生できるのが、自分の間違いを素直に認め、未来にどうするのかを述べることです。

正直、採用担当者は新卒や既卒の人に能力なんて求めていません。それよりは、あなたが素直で自分の間違いを認め成長していけるのかを見ているのです。

なにか間違いやサボっていたことに言い訳する人は成長しませんからね。

面接や書類選考では間違いを自分で把握して素直に認め改善する意思を伝えましょう。これだけで内定の確率はかなりあがります。

あなたのやりたいことを決めておく

あなたはやりたいことは決まっていますか?

決まっているのならいいのですが、ない人は嘘でもいいので作ってみてください。それに向かって進んでいく意思を見せましょう。

  • 学生時代遊んでばかりいた分を取り戻す
  • 卒業してから本当にやりたいことが見つかった
  • 安定した収入が欲しい

本当になんでもかまいません。そのやりたいことにそって転職活動をしていきましょう。面接官はあなたのやりたいことが、その会社で実現できるのかをみています。それにそって転職活動をしていなければ一貫性のない人と思われてしまいます。

上記の2つを誰かに手伝ってもらう

ここまで内定の可能性をあげる話をしてきましたが、正直いうとこれを自分一人でできる人はもうすでに内定をもらっていると思います。

じゃあどうするのかというと、転職エージェントに相談すべきです。転職エージェントとは転職者を支援して内定をもらう手伝いをしてくれるサービスです。

特におすすめするのは第二新卒ナビという転職エージェントで、この会社は既卒や第二新卒の方ばかりを支援している会社で、特徴としては1人あたりの面談の時間の平均が20時間であること。

なんどもなんども、あなたと話してあなたのやりたいことを一緒に見つけ、あなたの強みを見つけてくれ、最適な企業に売り込んでくれます。

しかもこの第二新卒ナビを通して面接を受けた人は平均で4社で内定がもらえているそうなので、かなり実力のある転職エージェントです。

もしあなたが、就職できなくて悩んでいるなら必ず力になってくれる転職エージェントです。

>>【第二新卒ナビ】について詳しくは公式ホームページで

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。