新卒で入社して半年。何十社とエントリーをしてやっとつかんだ内定。

それなのにもう辞めたい。聞いていたのと違う。

そんな時に読んでいただければあなたの行動を決める手助けになれると思います。

kyaria

どんなに辛くても3年間は続けるべき?

よく上司や大人達が口にしますよね。どんなにしんどくても3年間は続けろって。本当に続けるべきなんでしょうか。現在は第二新卒や既卒といった言葉が定着したように、新卒で入った企業をすぐにやめてしまった人にも昔に比べると理解される世の中になってきました。だからといって安易に辞めてしまうのはお勧めしません。

一度入社した会社から早期で退職することは、かなりのリスクが伴います。続けることができない人なんじゃないか。辛いことがあったらすぐにやめてしまうんじゃないかと必ず思われます。

就職活動の時の面接を思い出してください。その中で「なぜせっかく苦労して入った会社をこんなにすぐに退職されたのですか?」と聞かれます。すんなりと答えられますか?出てきませんよね。

転職回数のリスクもありますし、あなたがただ社会人に慣れていないだけなのかもしれません。

なので「よっぽどの理由」がない限り今の職場を前向きにとらえて3年は務めたほうがいいと私は思います。

「早期離職」その後のあなたの身に起こる4つのこと

よっぽどの理由があるなら今すぐにでも転職活動を

先ほどよっぽどの理由があるならと言いましたが例えば

  • 自分を改めて見つめ直し、やりたい仕事が見つかった
  • 上司とソリが合わない
  • 独立したいと思っているが、その準備ができない。
  • 仕事よりプライベートが大事だけど、残業だらけで休日もない。
  • 希望する部署に行けそうにない
  • etc…

このよっぽどの理由は人それぞれです。それは他人評価するものではなく自分がよっぽど理由とおもうかどうかです。よっぽどの理由があるならいつかは転職します。それなら数年そこで我慢することの方が無駄。無駄な時間を3年も過ごすべきではありません。一刻も早く転職すべきです。

入社して1年目に転職をする上で肝に銘じておいて欲しいこと

次の会社選びは失敗できない

今回転職をするのならば、あなたは20代前半にして1回の転職歴があります。転職回数は基本的に多ければ多いほど企業からは敬遠されます。なぜならば、うちに入ってもすぐにやめるんだろうと思われるからです。こう思われてしまっては、なかなか転職先は決まりません。

その企業と合わなかったのは企業のせいではなく、あなたのせい

入社してみたら全く聞いた話と違った。残業だらけだ。希望の職種に就いたが自分の思っていた仕事ではなかった。

これはすべて誰のせいでもなくあなたのリサーチ不足です。企業研究もあなた自身の研究もです。新卒採用の時にしっかりと自己分析と企業研究を行っていれば、ミスマッチはないのです。

他人のせいであわなかったのではないことを肝に銘じておきましょう。

自己分析を徹底的にする

自分がどういう人間なのか。なにがしたいのか。わからずに就職活動をしていませんでしたか?それがわかっていなかったことが今回のミスマッチの原因です。

正直日本の新卒採用においてそれは仕方のないことだと思います。3回生の途中から説明会は始まり内定が出ればすぐに返事を求める。しかも数10社もエントリーすることを強要され、自己分析する時間なんてありません。

ただ今回は自分のペースで進めることができます。しっかりと自分と向き合い、自分がなにをしたいのか。もしくはなにをすべきか。考えて、転職活動を行っていきましょう。

自己分析についてはこちら

企業研究をすみずみまで行う

就職活動において仕方のなかった事かもしれません。しかしこれもミスマッチの原因であり、しかもなかなか採用されない原因の一つになっています。実は僕は転職活動において応募したのは基本的に数社しかありません。そのかわり一社一社にかなりの時間をかけて研究を行い応募書類を作り、面接対策をして望んでいました。そのおかげでミスマッチはあまりなかったように思います。自分の考えが甘くて会社が嫌になったことはありましたが笑

企業研究についてはこちらもお読みください。

大切なことなのでもう一度言います

「よっぽどの理由」がない限り、転職すべきではありません。理由がないのであればまだ転職をするには早すぎます。ただし「よっぽどの理由」があるなら、早いに越したことはありません。悩んでる暇はありませんよ。