年齢だったり資格だったり、学歴だったり職務経験だったり。求人票を見ていてこの会社で働きたいと思ってもその時点でもう書類選考さえ受ける事が出来ません。

選考を受けることさえ許されないのかよ。と諦めて次の求人票を見ていくことになります。

でも、どうしても諦めきれない求人があったらどうしたらいいか。

応募しても怒られることはないですよ。一か八かで応募してみるのはありです。

88da9981c6d68a8ec9fc2ab2e9b5764d_s

応募資格がなくても採用される可能性がある理由

応募資格ってなぜ作っているか知っていますか?

採用担当者に時間があれば全員面接してもいいと思うんですよ。でも会社で働いている身分なので限られた時間の中で採用をしなければいけないんです。

そうなった場合に、適正のなさそうな人を最初からある程度省くために応募資格を作っています。(ただし資格は別です)

例えば、学歴や年齢は明らかにそうですね。

学歴や年齢に直接その仕事ができるかどうかは関係ないと思います。でも「あまり若くない人が来てもなー」とか「とりあえず大卒以上にしておこう」とか、応募資格なんてそんなもんです。

結構なんとなくなんですよ。だから、それを飛び越えるなにかをあなたがもっていれば応募資格を満たしていなくても内定がもらえる可能性だって十分にあり得ます。

応募者が集まりすぎて採用担当者の手に負えない場合がある。

人気企業だったり人気職種だったり、給料などの条件がいいなどで応募者が集まりすぎる場合があります。そういった会社で採用担当者が1人の場合、もしくは小さい会社だとその職種の部長クラスが兼任で行っている場合もあります。応募書類が数百枚来ても全て見切れないんです。そういう場合は未経験でも大丈夫だったり学歴不問の会社であってもある程度の条件で足切りする場合があります。その場合でも履歴書の一通ぐらいなら目を通してくれたりします。

予算の問題で対象職種の求人広告を出せない

企業には予算というものがあり、もちろん採用するための予算も決められています。求人情報を出したくても意外とお金がかかるんですね。1週間掲載するだけで数十万円や場合によっては数百万かかります。実はもっと人材が欲しいと考えている企業はたくさんあります。ただ今回は予算の関係で今回は特定の職種のみを募集しようという場合があります。その場合であれば、予算を割かずに応募者が来たのであれば企業としてはただただラッキーなんです。

予定にはない募集枠

企業には採用計画というものがあり、その採用計画に伴って募集を行っています。急な仕事の依頼や、急に人が辞めることになった。そういう場合に採用を行うのです。ただ予定にはない募集枠ををこちらが作れる場合があります。それは採用担当者に気にいってもらえた場合です。企業にとってもあなたにとっても一番幸せなのはあなたと企業がマッチする事。それが達成出来るなら予定にはない募集枠を開かせることも可能です。

道を切り開く3つの方法

1.電話で問い合わせてみる

一番楽で手っ取り早い方法です。採用担当者に直接、応募条件を満たしていないが応募していいかを問い合わせる方法。これでOK言われれば、積極性もアピールできて好印象も与えることができて一石二鳥です。

電話問い合わせの方法

2.応募書類を送付してみる

電話の問い合わせを受け付けていない求人もあります。その場合は直接応募条件に満たない応募書類を送ってみるのです。もちろん応募条件を満たしていない胸を送付状などに記しておくことは必須です。

参考:書類選考を通過する職務経歴書ってどう書くの?

3.手紙を送る

2の方法と似ていますがもっと効果は強力です。
応募書類と共に手紙を送る方法です。応募書類も準備をして、さらに手紙まで書くとなると1日仕事かもしれません。人間というものは手間がかかっていれば心が動かされるものです。採用担当者宛に、応募条件を満たしていないという旨と明確な志望動機を綴って送るのです。

これでダメなら諦めていいでしょう。

そんな事をしていいのか

ここまで説明してきましたが、まだ「そんな事していいの?非常識じゃないの?」って言葉が聞こえてきそうです笑
常識か非常識かで答えるなら非常識です。ただ採用担当者から好かれる可能性の方が高いですね。

「数ある企業の中でうちを選んだ理由はなんですか」

就職活動の中で何度聞いたかわかりませんよね。この質問からわかるように採用担当者は自分の会社で働きたいと明確な理由がある人が欲しいんです。

例えば今は未経験や第二新卒や高卒の募集はなくても、数ヶ月後に募集される可能性ありますよね。その時に採用担当者が覚えていてくれていれば有利意外のなにものでもありません

元々応募しなければ採用されることはありません。本当にその企業で働きたいと思ったならぜひ挑戦してみましょう。

落とされる可能性は高い

応募はできますが、採用されない可能性は高いです。

私の友人も何度か応募資格のない求人に応募したことがあるそうですが、落とされる可能性は高かったようです。でもその人は実際に大卒しか採用したことのない会社で初めての高卒正社員になったという事実もあります。

だから学歴や年齢だけで諦めないこと。

その友人は転職エージェント経由で応募をしたので、例外として採用試験を受けさせてもらえたそうです。

転職エージェントは職業の紹介だけでなく、企業の採用の手伝いもしている会社なのです。だからあなたの熱意を書類だけでなく直接採用担当者に伝えることができるので、応募資格だけで判断されない可能性も高いんです。

参考:20代におすすめの転職エージェント

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。