第二新卒で転職活動をしている時に、一度は悩むのが派遣社員や契約社員を選択すること。

希望の職種で探しているとどうしても契約社員での採用しか出てこないこともあると思います。でも簡単に契約社員になることはすすめません。可能であるなら正社員にこだわるべきです。

派遣社員や契約社員でその職について経験を積んでから、正社員になるという考えもできますし、実際に契約社員からの正社員登用制度がある会社も存在します。

でも形だけの正社員登用制度である場合もあるし、会社によっては正社員になれるような経験を積むことも難しい可能性もあります。

deside

正社員にこだわる理由

契約社員や派遣社員はおすすめしない理由はいくつかあります。

  • 給料に差がある
  • いつでもクビにすることができる
  • 思ったような経験を積めない可能性もある

この2点です。

契約社員や派遣社員と正社員では給料に差がある

契約社員や派遣社員(以下 契約社員と呼びます)を企業が採用するメリットは人件費が削減できることです。実は求人サイトで見ている限りそれは表立って感じることはありません。なぜなら1年目の給料はそこまでかわらないことが多いからです。

むしろ契約社員の方が多いこともあります。(これについては後述します)

2年目以降の給料や有給。そして待遇や昇進などはかなりの企業で変わってきますし、実際に働いているとその差に愕然とするような企業もあります。

契約期間終了と共にいつでもクビにすることが出来る

契約社員には契約期間があります。その契約期間が終われば契約を延長するかしないかという権利は会社にもあります。要するに、期間終了とともにクビにすることは容易だということです。

正社員であれば、簡単にクビをきることは出来ません。なぜなら労働契約法という法律で相当な理由がない場合を除き解雇は無効になると決められているからです。契約社員の場合はその契約更改ごとにクビにされないか怯えることになりかねません。

そして先ほど行っていた、契約社員のほうが給料が高い場合があるのは、給料を高くても売り上げは下がればクビにすればいいから怖くないという理由です。

契約社員でスキルアップは難しい

契約社員で働いてスキルアップしたのちに正社員を目指したいという考えの方は落とし穴があると言いました。

それは契約社員ではスキルアップが難しいということです。契約社員はあくまで契約社員であって、会社にとってはいついなくなるかわからない人であり、与えられる仕事についても正社員とは差が出ます。

やはり単純作業のような仕事になってしまいがちで一年間頑張ってもスキルアップできずに契約社員のままでいるしかないという方が多いのが現状です。

スキルアップはできなくはありませんが、思っていたほどスキルアップするのは難しいと言えます。

「基本的には契約は更新します」と言われるけど・・・

この契約社員の面接や会社説明会でよく耳にします。この言葉を鵜呑みにしないようにしましょう。悪く言うのであれば口頭でフォローを入れているだけであり、会社がヤバくなれば会社はなにも責任を持ってくれません。

契約を絶対に更新するのであれば最初から正社員として採用すればいいだけの話です。

契約期間が終われば、契約更新しなければいいだけです。だから絶対に契約社員では入社するなとは言いませんが、どれだけいい会社であっても業績が悪化すれば一番先に解雇されるのは派遣社員と契約社員であることを忘れないようにしてください。

それでも契約社員を選ぶ時

正社員登用制度があり運用もされていて実績がある会社

正社員登用制度があれば、契約社員での入社を積極的にしてもいいでしょう。結構大手の企業でも正社員登用制度があり毎年正社員登用が実際に行われている企業はあります。

そういった企業であれば、実力主義にはなりますが契約社員で入社する価値はあります。

ただし条件はしっかりその制度が運用されていること。求人広告には「正社員登用制度」と書いておきながら実際には制度があるだけで、実際に正社員になった人がいない企業なんてゴマンとありますので気をつけましょう。

面接の時に質問で聞いてもいいですし、実際に働いている人に知り合いがいれば聞いてもいいでしょう。

どうしても調べる方法がなければ、転職エージェントに聞けば実際に登用されているのかを聞くこともできます。

転職エージェントについて

どうしても正社員での内定が難しい場合

転職活動をしていると、勤務地の関係や学歴や職歴などでせいで正社員の内定をもらうことが難しいこともあります。その場合は契約社員しか方法はありませんのでいたしかたないでしょう。

未経験職種への転職の場合

未経験職種への転職の場合は、内定をもらうのがどうしても難しくなってきます。それならば職務経歴書に書くための職歴を得るために、契約社員としての選択はアリだと思います。

そこで数年働いて、経験職種であるという既成事実を作り次は正社員採用に向け転職をしましょう。そのためにも人一倍頑張ってスキルを身につける必要はあります。

第二新卒の未経験職種への転職

まとめ

転職を考えるとき、正社員を第一に考えるようにしましょう。

ただし未経験の職種で最初から正社員採用が難しい場合は契約社員や派遣社員として、働くという選択肢もなしではありません。

ただしその場合は

  • 正社員登用制度はあるか
  • ちゃんと経験を積んでステップアップできる会社なのか

などについてしっかりと考えた上で転職をするようにしましょう。