給料日前に先に給料をもらえる制度「前給」とは

給料を前借りできる制度で「前給制度」というものがあります。

給料日前にどうしてもお金が必要なときってありますよね?

生活費が足りなかったり携帯代だったり、欲しいものがあったりとか。そういった場合に給料日を待たなくても給料をもらえる制度が前給制度と言います。

前給制度は給料の前借りとは別物

前給制度と聞くと、それって給料の前借りと同じじゃないの?と思うかもしれません。

実際あなたが給料日前に給料をもらうということには変わりはありません。でも違う部分は、会社の福利厚生として用意されているかどうかです。

給料の前借りおいうのは、だれかに無理をいって給料を先にもらうことになりますが、誰かしらにお金をもらえるように交渉しなければなりませんし、理由などをいう必要もあります。

口が固い人で信用できる人ならいいのですが、場合によっては会社の中で「あの人お金がないらしいよ」と噂が広まってしまう可能性もありますし、そもそも断られる可能性だっていくらでもあります。

それとは違い前給制度は、すでに仕組みとして出来上がっていて、ホームページ上で申請を出せば誰にも知られることなく、給料の前借りができるというもの。

しかも確実にお金をもらえるというのもメリットの一つです。

前給は働いた分だけ

給料の前借りと聞くと、まだ働いていなくても給料をもらうことができそうですが、それは違います。

すでに働いた日数の分だけしかもらうことはできません。

参考:給料の前借りってどうやってするの?

↑のページにも書いてあるように、会社側は働く前に給料を支払ってもらうと、「強制労働」をさせる形になってしまって、法律で禁止されているので会社が罰せられてしまします。

だから基本的には働いた分しかお金をもらうことはできません。

前給制度を導入していない会社の方が多い

今現時点で前給制度を取り入れている会社は、大手の外食チェーンなどがほとんどで、基本的にはアルバイト向けです。

前給制度自体がまだ浸透していないので、導入している会社は数えられるぐらいでしょう。

かといって、給料の前借りを社長や人事の人などに交渉して出してもらうことができる会社っていうのも本当に少ないと思います。

(社員数人の会社ならあり得ますが)

そうなってきたときに給料の前借りをするのは正直現実的じゃないんですよね。

1つだけいい方法があってカードローンでお金を借りて、次の給料で返してしまえばいいんです。

今では初回1ヶ月間無利息のカードローンもあったりして、アルバイトや入社したての人でも気軽にお金が借りれるようになっています。

返すあてがない人はカードローンを使わない方がいいとは思いますが、次に入ってくる給料を返済に回せばそれで、金利も取られずにお金を借りれます。

どうしても今日お金が必要なんだってときでも、申し込んだその日にお金が借りられるカードローンもあります。でも基本的には1ヶ月間無利息のカードローンを今回だけ使って給料が入ったら一括で返すというのが、金利もかからないですしおすすめです。

どうしてもすぐにお金が必要な場合は使ってみてください。

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ