アルバイト経験を当たり前のように職務経歴書に書いていませんか?

もしかしたらあなたのアルバイト経験の書き方は間違っている可能性があります。

間違えていたら、せっかくもらえたはずの内定をもらえなくなってしまいますよ!

間違えてはいけないのは基本的にはアルバイト経験は職務経歴書には書かないもの。でもアルバイト経歴を書きたい場合とか書かなければならない時もありますよね?

だからアルバイト経歴を職務経歴書に書く時に、絶対にしてはいけないことが2つあります。

要点

アルバイト経験は基本的には書かない

まず最初に、そんなことを聞きたいんじゃないと思われそうですが大切な話なので。

アルバイト経験は基本的に書くべきではありません。

それはなぜか。採用担当者のほとんどはアルバイト経験は職歴に含めないと考えているからです。

だからあなたは当たり前のようにアルバイト職歴を書かないようにすべき。「本来アルバイト経歴なんて書くものではないのですが、職務に役立ちそうだから書く」というスタンスを忘れてはいけない。

それでもアルバイト経験を書いた方がいい時もあります。それは

  • 求人と同職種の経験がある時
  • アルバイト経験しかない時

という場合はアルバイト経験を書くべきでしょう。

求人と同職種や同業種の経験がある時

志望する会社と同業種や同職種であればアルバイト経験であっても、転職後に役立つ場合も多いし、経験者として評価してくれる場合もあります。

基本的には高評価。

ただし、同業種同職種の社会人経験がある場合は、あえてアルバイト経験まで書くべきではないでしょう。面接などで聞かれれば答えればいいだけです。

アルバイト経験しか書く事がない場合

他に職務経歴がなくてアルバイト経験しか書くことがない場合は仕方がありません。あなたの過去は変えられませんのでその経歴で勝負していくしかありません。

アルバイト経験を書く場合でも職歴が少ない人の職務経歴書の書き方を見て、あなたを雇えばどんなメリットが企業にあるかをしっかりと書くようにしましょう。

アルバイト経験を職務経歴書に書くときに絶対にしてはいけないこと

アルバイト経歴を職務経歴書に書く時に気をつけたいことが2つあります。

アルバイトだろうが職歴は職歴です。ちゃんと書けばアピールポイントになります。特に完全に未経験よりはアルバイトであっても経験していた方が数倍いいでしょう。

でもアルバイト経験を書くのは非常にデリケートなことだと思ってください。なぜならアルバイトはあくまでもアルバイトなので、自信満々に書いてしまうと採用担当者からすると「所詮アルバイトでしょ?」になってしまいます。

そこを踏まえて、絶対にしてはいけないことが2つあります。

  1. 自慢気に書く
  2. 求人の業務と関係の無い経歴は書いてしまう

ということを絶対にしてはいけません。

 1.自信満々に書く

アルバイト経歴を自信満々に書くことは絶対にやめましょう。

どんなに仕事ができていたとしてもです。アルバイトで社員より働いていたり、もしくは正社員より仕事ができていた自信がある人もいるでしょう。上司から正社員より信頼されていた人もいるでしょう。

僕もフリーター時代が長かったのでよくわかります。もちろん本当に社員以上に働ける人もいます。

でもそれはあなたの職場での話。それを採用担当者は知りません。

採用担当者から見たアルバイトのイメージは「会社での仕事はアルバイト経験がそのまま役立つほど甘くない」という意見を持っている人がほとんどです。あくまでもバイトはバイトであり正社員とは違います。

それでも自信満々に「アルバイトでの接客の経験を活かして・・・」って始めると、「けっ!アルバイトの経験が役立つほど甘くないよ。だからフリーターは・・・」と思われたらその後のアピールはもう採用担当者には届きません。

あくまでもアルバイトであることを念頭において書くようにしましょう。

2.求人されている業務と関係の無い経歴は書かない

求人されている業務の関係のない経歴も書かないようにしましょう。

未経験の場合でアルバイトしかしたことがない人は別ですが、正社員の経歴が少しでもあるのなら求人されている職種や業界と関係のないアルバイト経歴は書かないようにしてください。

採用担当者はあなた以外の職務経歴書も見ています。できるだけ必要のない情報は省いてほしいもの。必要のない情報を省けない人は仕事ができない人とおもわれてしまいます。

もちろんアルバイト経歴しかない場合は、その経歴がどのようにその会社で役立つかを考えて書くようにしましょう。

自己分析について
転職に成功した人が必ず行っている自己分析方法

企業研究について
職歴の少ない人が採用を勝ち取る為の企業研究の方法

アルバイト経験の書き方

ではアルバイト経験をどうやって書けばいいのか。

さきほども書いたように、自信満々で書いちゃダメ。「バイトリーダーとして・・・任されていました」なんか書いちゃいけません笑それはただの自慢です。

でも書き方を知っていれば簡単です。

  1. どの経験が
  2. どの業務に
  3. どのように役立つのか

を書けばいいのです。

例えば飲食店のアルバイトで、在庫管理や売り上げの数字をexcelでまとめる仕事をしていれば、

飲食店のアルバイトを5年していました。3年目からはアルバイトリーダーを任されシフト管理や売り上げ管理や新人育成に携わっていました。

なんてことを書いていれば、書類選考で落ちます。だってあなたがアルバイトリーダーであることに興味ないし、アルバイトリーダーは所詮アルバイトですからね。これはただの自慢になってしまいます。

採用担当者からすると、そのシフト管理や売り上げ管理で使用していたexcelの技術の方が興味があるわけです。

飲食店で3年間のアルバイトをしておりました。飲食店で働いていた業務が役立つとは思っておりませんが、excelでの売り上げ管理をしておりましたので、excelは使用できます。御社での事務作業でも、役立つと思います。

という感じです。これに合わせて「さらに就職に向けてexcelの本を買って自分で学習しました」などが書ければよりいいですね。(勉強したことなくても本を買うことに意味があったりします。)

どんな小さなスキルでもいい

少し違う話ですが、こんな誰でもできることを職務経歴書に書いても意味ないと思いますか? 

実はそんなことはありません。excelを使えるってだけでもちゃんとしたスキルです。実際excelに数字を入力することすらできないおじさんたちはたくさんいます。

あなたにとってできて当たり前の技術が、ある会社にとってはとても必要なスキルだったなんてことたくさんあります。だから当たり前だと思わず、応募する求人の職務を調べて今までのスキルで役立つものをさがすようにしましょう。そうすればアルバイトの経歴だってちゃんと評価してもらえるはず。

でも間違っちゃいけないのは対して役立たないスキルや経歴をずらずら書くこと。それをやってしまうと要約ができないただの仕事ができない話の長いやつになってしまいます。

どんな小さなスキルでも、職務で使いそうなものは必ずできると書いておきましょう。

どうしても職務経歴書がかけない場合はどうしたらいい?

これを読んで、

  • それでもうまく書けそうにない
  • 書類選考を通過できない

って人は就職shopに登録しましょう。

リクルートが運営している、転職・就職サポートサービスですから間違いないです。

全ての求人が書類選考なしで面接が受けられるのと、未経験でも事務職などの仕事も選べるのが就職shopの特徴です。

営業以外の求人がたくさんあるのも魅力ですね。

公式ページを見ればわかりますが、アルバイト経歴だけしかなかったり学歴も本当に関係なくサポートを受けられるのがいいですね。

もしフリーターから就活しようと思っているなら、今登録しておきましょう。後でやろうと思っている人はたぶん就職決まりませんよ。そういう意識の違いから内定がもらえるかどうか変わってくるものです。

>>>就職Shopの公式ページ

まとめ:採用担当者にとって必要な情報を書こう

職務経歴書に書くことはあなたの自慢ではなく、採用担当者にとって必要な情報に絞って書くべきです。

あなたがアルバイトでなにをしていたかは、どんなに素晴らしい仕事であったとしても、採用担当者はそこまで興味ありません。興味があるのはあなたが仕事についたら役に立つかです。

だからあなたの経歴の中で、どんなに小さなことでもいいから求人の職務に役立ちそうなことを書きましょう。

なにが職務にとって役立つのかがわからなければ、就職shopに登録するのがおすすめです。

聞く人がいない場合は転職エージェントがおすすめ。

>>>>おすすめの転職エージェント3選