【もうこの会社にいたくない】新卒のあなたが転職するメリット

大学生を卒業して、就職。でももう辞めたい。

  • 残業が多すぎてもう辞めたい
  • 思ってた仕事と違った
  • 先輩を見て将来に不安を持った
  • 自分の成長に限界があるように思った

などなど、転職したいと思ったなら理由はいろいろあると思います。もちろんそれは、就職で会社を選べなかったあなたが悪いのですが、この就職戦争の中では仕方がないでしょう。

メリット

でも周りの大人に相談すると、「石の上にも3年」とか「3年は我慢して努めろ」って言われるんです。でも僕からすると今は我慢しなくていいと思いますよ。

すぐに転職する際にデメリットもありますが、メリットも多いです。

転職するデメリットはこちら

デメリットは上のページに任せて、このページでは新卒で転職するメリットについてお話しします。

第二新卒という枠に入れる

第二新卒という言葉を聞いたことはありますか?就職してから3年以内に転職を志す人のことをいいます。

普通の転職であれば、基本的には中途採用として見られ、職歴などもしっかりと見られますしスキルなども必要になってきます。

第二新卒であれば、新卒と同じような研修が受けられないなどのデメリットはありますが、比較的に新卒と近い評価で入社することができます。

第二新卒は大企業が注目している

第二新卒は転職業界でかなりいいポジションなのを知っていますか?

少子高齢化で働く人がどんどん減っていくこの時代では、若い労働者の確保は大企業にとって急務なのです。

もちろん新卒での採用活動もありますが、団塊世代の退職に対して新卒採用では間に合いません。しかも今は転職が当たり前の時代で同じ会社で働き続ける人は少ないのです。

中小企業で人が足りなくなれば、その時採用すればいいのですが、大企業で人が足りない状況というのは数十人から数百人単位。足りなくなってから採用するのでは間に合いませんし、そもそも即戦力をその人数採用することは無理です。

だから大企業では第二新卒の囲い込みが始まっているのです。

大企業に正社員として入社したいのなら、第二新卒である今がチャンスです。

未経験でも転職が可能

未経験での転職は思っているより難しいです。

でも第二新卒である今であれば、未経験でもある程度容認してくれますし、第二新卒であれば未経験の募集も比較的多いです。

しかも大企業の正社員も狙えます。

社会人になってからしたいと思った仕事や、新卒時代に憧れたけど入社できなかった職種に挑戦できるのは今だけです。

未経験での転職について

新卒採用はしていなかった会社に入社のチャンスがある

新卒採用している会社は以外と数少ないのは知ってますか?

採用する1年以上前から採用活動をして実際に働いてもらえるのは大学を卒業してからです。そんな採用方法はスピード感のある会社ではありえません笑

なので今成長していっている会社などは新卒ではなく、中途採用もしくは第二新卒を採用します。
(採用すればすぐに働いてもらえるため)

さらに新卒採用なんて、非効率な採用方法をとっていない会社もたくさんあります。

あなたの憧れの企業が募集しているかもしれないし、諦めていた職種に挑戦できるかもしれません。

仕事探しの方法について

社会人としての経験を持って職を選べる

現在のあなたと、就活時のあなたとは大きな差があります。

それは少なからずも社員として働いた経験です。数ヶ月であっても社会人として働いた経験は、職探しに役に立ちます。

仕事とはどういうものなのか、そして自分の人生をどう送っていきたいのかという考えも、社会人になって初めて生まれる人も少なくありません。

あなたの人生について考えて転職先を探してみましょう。

まとめ

新卒ですぐに転職することはデメリットもあります。

ただ、実際に働いてみて違う職種につきたいと思っているなら早く行動した方がいい。未経験で転職するには、3年後ではもう遅いです。経験者しか採用されない年齢になってますし、その3年間の我慢は無駄でしかありません。

ただし、同じ職種同じ業種で転職したいと思うのなら、3年は我慢した方がいいでしょう。
(身体的に無理なら仕方ありませんが)3年続けて同じ職に就くということは、その職である程度一人前になっていることだと思います。

そうなれば選択肢も見つかるし、3年後にはもっと広い世界があなたに広まっているかもしれません。

あなたの本当の市場価値を知っていますか?

このMIIDASを使うと、今のあなたの市場価値がわかります。

簡単なプロフィールを埋めていくにつれ、合致した企業数や想定オファー年収が表示されます

7万件の転職実績から、あなたと同じ職種と経験の人がどんな条件でどんな企業に転職しているかがわかります。

面倒な職務経歴を打ち込む必要はなく、スマホでタップしていくだけで簡単に市場価値がわかるのもいいですね。あなたの価値を気軽に調べてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ